読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳への電流刺激で短期作業記憶が向上

《医師監修》脳損傷の治療にも応用可能か 「経頭蓋交流電流刺激」(TACS)という方法を使い、低電圧の電流で脳波をシンクロさせるように刺激すると、短期作業記憶が向上することが明らかになりました。 英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンなど合同研究…

体液説の系譜:臍帯血は老化した脳を蘇らせる【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 西洋医学の基礎「4体液説」 病気の原因が体内を循環している体液のバランス異常だとする考えは古くから存在する。最も有名なのは、ヨーロッパやアラビアの医学の基礎となっ…

半数の人が「偽の記憶」を植え付けられやすい

《医師監修》繰り返し言われると、なかった事でもあったと思い込んでしまう「偽の記憶」 米国の研究グループの報告によると、半数の人が繰り返し言われると、なかった事でもあったと思い込んでしまう「偽の記憶」を植え付けられやすいと分かりました。カナダ…

記憶力アップの脳科学【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 記憶力アップの科学的根拠 アマゾンの本の検索で「記憶力」と入力すると、予想通り記憶力を高める方法に関する本がトップに並ぶ。これほど多いと、どの本が役に立つのか選…

電磁波刺激で正確な記憶を促進する、経頭蓋磁気刺激法(TMS)の力【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 電磁波による記憶力の改善研究 「歳をとると記憶力が落ちる」という当たり前のことが実感される毎日だが、特に記憶の正確さが失われているのがわかる。例えば、以前行った…