読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳への電流刺激で短期作業記憶が向上

《医師監修》脳損傷の治療にも応用可能か 「経頭蓋交流電流刺激」(TACS)という方法を使い、低電圧の電流で脳波をシンクロさせるように刺激すると、短期作業記憶が向上することが明らかになりました。 英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンなど合同研究…

体液説の系譜:臍帯血は老化した脳を蘇らせる【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 西洋医学の基礎「4体液説」 病気の原因が体内を循環している体液のバランス異常だとする考えは古くから存在する。最も有名なのは、ヨーロッパやアラビアの医学の基礎となっ…

社会的なネットワーク多いと50歳での認知機能が高い。17000人の追跡調査データを分析

《医師監修》英国の大規模コホート追跡研究の結果 市民グループに多く参加するような社会的なネットワークの多い人は、50歳時点での認知機能が高い傾向があるようです。 長期間にわたる追跡調査のデータを分析した結果から分かりました。

睡眠を測るウエアラブル・デバイスが睡眠障害を助長。正しく判定できないケースとは

《医師監修》睡眠を測るウエアラブル・デバイスは、かえって睡眠障害を助長することもあり得るようです。 米国ラッシュ大学とノースウエスタン大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・クリニカル・スリープ・メディシン誌で、2017年2月15日に報告しました。

地中海食が脳の委縮を防ぐと判明、70代のおよそ1000人を3年以上にわたり追跡調査

《医師紹介》「地中海食」が脳の萎縮を防ぐことが判明しました。地中海食が健康に有用であることは多くの証拠が示してきました。今回の研究ではこの健康的な食事法が、高齢者の脳の容量を保持することにできるようです。

「サウナ風呂」が認知症予防に良さそう。フィンランドの男性2000人以上を対象とした20年以上の追跡調査

《医師監修》週に4回以上サウナ風呂に入る人は、週に1回しか入らない人に比べて、認知症やアルツハイマー病になるリスクが60%以上少ないことが分かりました。東フィンランド大学の研究グループが、エイジ・アンド・エイジング誌で、2016年12月7日に報告しま…

新しい神経薬理学的方法の開発【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 想像力の連鎖で進む研究 チャンネルロドプシンを用いて、光で目的の神経を興奮させる方法が開発され、動物の特定の神経を、生きたま刺激したり抑制したりすることが可能に…

パーキンソン病に腸内細菌叢が関与の可能性

《医師監修》末梢神経系の70%が腸にある 米国カリフォルニア工科大学を含む研究グループが、生命科学分野の国際誌であるセル誌2016年12月1日号で報告しました。

骨密度の低下がアルツハイマー病につながる可能性

《医師監修》アルツハイマー病になりやすい特徴を持ったマウスによる動物実験を行ったところ、初期の「骨密度」の低下と「脳内セロトニン生成細胞」の減少が確認されました。 この結果から、研究グループによると、骨密度低下がアルツハイマー病につながる可…

他人の動作を見るだけでも痛みを感じる「複合性局所疼痛症候群」(CRPS): メカニズムは、活性化される脳領域が異なるため

《医師監修》「複合性局所疼痛症候群」(CRPS)の人では、他人の動作を見るだけでも痛みを感じることがあり、これは他人の動作を見たときに活性化する脳領域が健康な人とは異なるためと分かりました。

ダイエットを繰り返すと逆に体重が増える、脳が飢餓と見なして脂肪を貯める

《医師監修》ダイエットを繰り返すと、脳がダイエット期間を飢餓と見なして脂肪を貯めるように促すため、逆に体重が増える結果となるようです。

自閉症の一因となる遺伝子の突然変異を発見。自閉症の治療薬の開発に一歩前進

《医師監修》一部の「自閉症」の患者の中に「DIXDC1」という遺伝子に突然変異がある人たちがいると分かりました。 この変異は、神経間の情報を受け渡しする場所である「シナプス」の成長を妨げ、脳の活動を低下させます。 カナダ、マクマスター大学の研究グ…

女性にモルヒネが効きにくい理由、「脳の活動における男女差」痛みと関係か

《医師監修》脳の活動には男女差があり、痛みの処理で差が出てくるようです。 このために女性にはモルヒネが効きにくくなっていると伝えられています。 ジョージア州立大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス誌で2月20日に発表しました…

拒食症になると脳治療後すぐには回復しない、正常になるまで時間が必要

《医師監修》拒食症の人の脳を調べたところ、食欲のコントロールに変化が起こるようです。 数週間にわたる治療を受けて、体重の増加に至っても、この変化は続き、再発のリスクにつながると分かりました。 コロラド大学の研究グループが、アメリカン・ジャー…

血液検査で統合失調症を診断、米国の研究報告

《医師監修》統合失調症が、血液検査で診断できるかもしれません。 米国メリーランド大学の研究グループが、アナリティカル・ケミストリー誌2017年2月号で報告しています。

肥満の男性は男性ホルモン、「テストステロン」が低い。有酸素運動で濃度を上昇させ、心臓病の予防に。

《医師監修》肥満の男性の心臓病の予防には有酸素運動が良いようです。 男性ホルモンの一つ「テストステロン」は、心臓保護効果があると知られています。 テストステロンの濃度が上昇すると、「心臓病」などのリスクが低下すると言われています。 筑波大学を…

歌や音楽の一部が頭から離れない現象「イヤーワーム」はメロディやテンポに特徴がある

《医師監修》頭に自然と音楽が流れてくる「あの現象」 歌や音楽の一部が頭にこびりついて離れない現象は、日常でよくあることです。 この現象は「イヤーワーム」と呼ばれています。 イヤーワームは、日々の生活などでよく耳にする曲が頭に残る、というだけで…

睡眠のメカニズム解明に関わる遺伝子を発見。睡眠障害の治療につながる可能性

《医師監修》睡眠は、毎日行う身近な行動ですが、そのメカニズムに関して、未だ不明な点が多く、「眠気」はどのように解明されているのか分かっていませんでした。 睡眠には「Salt-Inducible Kinase 3 Sik3」(Sik3)と「Sodium Leak Channel Non-selective…

半数の人が「偽の記憶」を植え付けられやすい

《医師監修》繰り返し言われると、なかった事でもあったと思い込んでしまう「偽の記憶」 米国の研究グループの報告によると、半数の人が繰り返し言われると、なかった事でもあったと思い込んでしまう「偽の記憶」を植え付けられやすいと分かりました。カナダ…

呼吸による脳の刺激を実証

《医師監修》鼻で息を吸ったときにのみ、脳が刺激されて記憶と感情の認識処理が向上 米国の研究グループの報告によると、呼吸時の脳活動を調べる実験で、鼻で息を吸ったときにのみ、脳が刺激されて記憶と感情(特に恐怖)の認識処理が向上し、口呼吸では効果…

市販の胸焼けの薬が脳卒中のリスクを増やす可能性

《医師監修》プロトンポンプ阻害剤を長期に服用すると危険 研究グループの報告によると、デンマークで胃痛あるいは消化不良の原因を調べるために内視鏡検査を受けた24万5000人近くを調査した結果、胸焼けの治療薬「プロトンポンプ阻害剤」(PPI)が、虚血性…

メチル基供給を目的としたサプリの胎児への影響【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 栄養補助食品の胎児への影響 現役時代DNAメチル化の重要性を教えるための教材として、低濃度のダイオキシンにさらされた妊娠マウスから生まれた子供は、DNAメチル化による…

老いと眠り【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 老いと睡眠の総説 今日紹介するのは研究論文ではなく、老いに伴う眠りの障害についてのこれまでの研究をまとめたカリフォルニア大学バークレー校のグループによる総説で、4…

アルツハイマー病の人が歯周病にかかると、さらに認知機能の低下へ

《医師監修》炎症性のタンパク質増加が関与している可能性 軽度~中度のアルツハイマー病に歯周病がみられる場合、認知機能が著しく下がるか、炎症性マーカーが増加するかを調べました。すると、歯周病には炎症性タンパク質が関わる可能性があり、認知機能の…

「ニコチン」は脳の老化を防ぐ可能性がある?たばこを推奨するわけではないが、脳内の神経変性の防止につながる側面も確認

《医師監修》「ニコチン」は脳の老化を防ぐ可能性がある?たばこを推奨するわけではないが、脳内の神経変性の防止につながる側面も確認 ネズミを使った実験で、高い用量の「ニコチン」(中程度の喫煙者に相当)が餌の摂取量と体重を低減する効果のほか、脳内…

くすぐられると笑ってしまうメカニズム【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 くすぐられると笑ってしまうのはなぜか 誰でもお腹を触ら…

見えているのに分からない、再生医療で視力を回復しても見たものを理解できない【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 医学や生物学の実験では言うまでもなく再現可能かが問われ…

道徳観が欠如した人は大もうけ【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 集中力や記憶力など複雑な思考をつかさどる「高次神経機能…

深呼吸で心が休まるメカニズム【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 深呼吸するとなぜ気が落ち着くのか 通常呼吸を意識して行うことはない。延髄にある呼吸中枢が自然に吸気・呼気のサイクルを生成し横隔膜や肋間筋を動かす。さらに、呼吸中…

脳細胞の死を抑止する薬の開発につながる可能性!?

《医師監修》「脳卒中」や「アルツハイマー病」「パーキンソン病」のような「神経変性疾患」は、特殊な脳細胞死が見られます。 今回、アメリカの研究グループの研究から、細胞のDNAを分断し、細胞死に導くたんぱく質を新たに発見しました。今後、脳の細胞死…

前立腺がんのホルモン療法は認知症のリスクを上げる アンドロゲン除去療法と認知症との関係

《医師監修》アンドロゲン除去療法」(ADT)という治療を行った「前立腺がん」の男性は、「記憶障害」のリスクが高くなると分かりました。 スタンフォード大学の研究グループがJAMAオンコロジー誌オンライン版で2016年10月13日に発表しました。

脳の信号が腸の「免疫」に影響を及ぼす可能性。抗精神病薬による免疫増強も

《医師監修》腸と脳は神経回路を通じて密接につながっています。このような腸と脳などの神経の連結が免疫の働きにおいても重要な役割を果たすことが分かりました。 米国、デューク大学の研究グループが、カレントバイオロジー誌2016年8月号で報告しているも…

早産だと発達障害になりやすい?変化は胎内の左脳で既に始まっている可能性

《医師監修》胎児の脳の「安静時fMRI検査」により、早産になる胎児は左脳の神経活動が弱いことが分かり、神経発達障害は胎内ですでに始まっている可能性があるようです。 米国ウェイン州立大学を含む研究グループが、総合科学誌ネイチャーのオープンアクセス…

スポーツ選手の脳震盪、血中たんぱく質濃度で回復に遅れ。無理をすれば脳機能に影響する可能性

《医師監修》スポーツの衝突などで起こる「脳震盪」(のうしんとう)では、発生から6時間後の血中タウたんぱく質濃度が高いと脳の回復が遅いことが分かりました。 スポーツを再開する際の判断する補助的マーカーとして利用できる可能性があります。 米国立衛…

尿中のたんぱく質と認知症は関連あり?脳と腎臓の機能はリスク要因が同じ

《医師監修》尿中にたんぱく質が検出されると、腎臓の機能(以下、腎機能と表記)に問題がある場合がありますが、これは同時に認知機能へのリスク要因にもなるようです。 オランダ、マーストリヒト大学の研究グループが、米国神経学会の機関誌であるニューロ…

新しいパーキンソン病の治療薬に?糖尿病に対する新薬「MSDC-0160」の可能性

《医師監修》糖尿病の治療薬として開発された薬が、パーキンソン病の治療薬になる可能性があるとの発表がありました。 報告によると、「MSDC-0160」という薬にその可能性を見いだそうとする研究です。 米国ラッシュ大学などの研究グループが、サイエンス・ト…

唯名論についての歴史的論争を思い出させる論文【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

私たちが経験する個別の事項と、それを超えた普遍的概念のどちらが先かについて、実在論か唯名論かを激しく争ったのは中世のスコラ哲学だ。 この時まず私たち個別の経験が先にあって、これが私たちの脳で普遍的な概念へと高められ、言葉になると明快に唯名論…

アルツハイマー病治療の新しい方法に?金属を含む薬剤が効果を示す可能性

《医師監修》アルツハイマー病で蓄積するたんぱく質である「アミロイドβ」を切断する、はさみのような役割を持つ、金属を含む薬剤が見つかりました。 韓国のウルサン科学技術大学校研究グループが、米国化学学会の機関誌であるジャーナル・オブ・アメリカン…

セックスをすると仕事に意欲的になる

《医師監修》しかし、仕事関係のストレスを家庭に持ち込むと性生活の妨げになる ##本文 既婚従業員を対象とする調査研究の結果、家庭での性生活は翌日の仕事に積極的に取り組むことができ、仕事に対する満足感と意欲をもたらすと分かりました。また、家庭…

子どもの脳腫瘍の治療がより現実的に。 別のがんで試験中の薬剤が「小児脳幹部グリオーマ」に効果示す可能性

《医師監修》小児脳幹部グリオーマと呼ばれる子供に起こるがんの原因に発見がありました。 従来、乏しかった治療法の開発につながるかもしれません。 デンマークのコペンハーゲン大学が、ネイチャー・メディスン誌で2017年2月に報告しました。

深刻な食欲不振を「脳深部刺激療法」で回復、神経性無食欲症(拒食症)に有望か?

《医師監修》深刻な食欲不振になり過度にやせてしまう神経性無食欲症(拒食症)。 その新治療として、「脳深部刺激療法」と呼ばれる方法が有望かもしれません。 脳の神経回路を変化させ、症状の改善につながると報告されています。 カナダ・トロント大学の研…

マウスモデルで、脳内酵素の阻害によりパーキンソン病の運動機能が回復

《医師監修》パーキンソン病のネズミを使った研究で、脳内の酵素を阻害することでパーキンソン病の症状が軽減され、運動機能が回復したという報告があります フィンランドのヘルシンキ大学の研究グループが、北米神経科学学会(SfN)が発行する神経科学全般…

精神病に関連する抗体を初めて特定。脳炎と同じ抗体で、治療可能である可能性

《医師監修》精神病に関連する抗体が初めて発見されたそうです。 この抗体の保有者は少ないものの、脳炎の原因となるものと同じ抗体であると分かりました。この抗体を除去して脳炎の治療に成功していることから、精神病の治療につながる可能性が期待されます…

女性の認知能力の低下は50歳代で始まる?カリフォルニア大学ロサンゼルス校研究報告

《医師監修》米国の研究グループの報告によると、女性の認知能力の低下は50歳代初めからすでに始まっていると分かりました。 米国・カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究グループが、プロス・ワン誌2017年1月号で報告しました。

運動が認知症発症リスクを下げる。認知症関連遺伝子がない場合に限定

《医師監修》カナダの研究グループの報告によると、座っている時間が長い高齢者は、認知症を発症する可能性が上がると分かりました。マックマスター大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディズィーズ誌2017年1月号で報告しました。

サメからとった天然の化合物でパーキンソン病を治療。スクアラミンにパーキンソン病治療効果の可能性

《医師監修》米国の研究グループの報告によると、ツノザメからとった天然の化合物の「スクアラミン」が、パーキンソン病に関連のある毒性たんぱく質の「αシヌクレイン」の形成を抑制する可能性があると伝えています。 米国・ジョージタウン大学の研究グルー…

コカイン中毒が脳に与える影響に新発見。薬物依存の治療に活用できる可能性

《医師監修》中毒性が高い薬物として知られるコカインが脳に与える影響に新しい発見がありました。 ドーパミン受容体をブロックするという仕組みで、コカインの影響を防ぐことができる可能性もつながってくるようです。 米国ロックフェラー大学の研究グルー…

難治性の小児てんかん「ドラベ症候群」の治療法を有効性確認 魚で効果を示した後に人間でも

《医師監修》難治性の小児てんかん「ドラベ症候群」に有効な治療が、魚の実験をきっかけに見つかり、実用化に進みそうです。 薬の候補となる化合物が、まずは魚で有効性を確認され、さらに子供5人の臨床試験でも症状緩和が確認されました。 魚で発見された治…

致命的な脳腫瘍の治療の標的に「PGK1酵素」、がんの成長と関係

《医師監修》「ホスホグリセリン酸キナーゼ 1」(PGK1) と呼ばれるたんぱく質が、致死性の高い脳腫瘍である「神経膠芽腫」(グリオブラストーマ)に対する新しい治療のターゲットになり得るようです。 米国テキサス大学の研究グループが、モレキュラー・セル…

模試を活用した学習法により、強いストレス下でも思い出せる

《医師監修》「検索練習」がストレス下でも記憶を保護する効果を実証 例えば、テストなどを想定して、学んだことを思い出す(検索する)練習をする学習方法「検索練習」は、最も効果的な学習方法のひとつであることが証明されています。 今回、この方法は強…