読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病に腸内細菌叢が関与の可能性

《医師監修》末梢神経系の70%が腸にある 米国カリフォルニア工科大学を含む研究グループが、生命科学分野の国際誌であるセル誌2016年12月1日号で報告しました。

骨密度の低下がアルツハイマー病につながる可能性

《医師監修》アルツハイマー病になりやすい特徴を持ったマウスによる動物実験を行ったところ、初期の「骨密度」の低下と「脳内セロトニン生成細胞」の減少が確認されました。 この結果から、研究グループによると、骨密度低下がアルツハイマー病につながる可…

他人の動作を見るだけでも痛みを感じる「複合性局所疼痛症候群」(CRPS): メカニズムは、活性化される脳領域が異なるため

《医師監修》「複合性局所疼痛症候群」(CRPS)の人では、他人の動作を見るだけでも痛みを感じることがあり、これは他人の動作を見たときに活性化する脳領域が健康な人とは異なるためと分かりました。