読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男女で協力して何かを行う場合、脳の働き方に性別の差、脳の神経伝達を「近赤外分光分析法」(fNIRS)で測定

《医師監修》協力して問題を解決する場合、男女で取り組み方が違うと、いわれています。 研究グループの報告によると「近赤外分光分析法(fNIRS)」を用いた測定により、男女では脳の活動領域が違うと分かりました。 米国スタンフォード大学医学部を含む研究…

REM睡眠とシナプス【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 シナプスの形態的変化を追跡する 2015年7月1日、生きたマウスの脳内のスパインの動態を長期間観察する方法を開発し、海馬の樹状突起から飛び出てくるスパインが極めて動的…

人工の光にさらされ続けると、病気になってしまうかもしれない、ネズミを使った動物実験で実証

《医師監修》人工の光にさらされ続けると、健康への悪影響があるかもしれません。 24週間継続的に人工の光にさらしたネズミを使った実験で実証されています。 オランダ・ライデン大学の研究グループが、カレント・バイオロジーで2016年7月に報告しました。