読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肺がんゲノムから見るがんの発生と進展【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 がんゲノムの多様性 医学の常だが、病気を理解するための新しい視点が生まれると、治療のための大きな希望が生まれるが、研究が進めば進むほど、病気の難しさが理解される…

果物や野菜で喫煙による肺がん予防ができる?オレンジや赤い甘唐辛子がニコチンに及ぼす影響

《医師監修》オレンジ・赤色の甘唐辛子、フルーツ、野菜に含まれる「β-クリプトキサンチン」という化合物が、喫煙による肺がんのリスクを下げる可能性があります。 米国、タフツ大学の研究グループが、キャンサー・プリヴェンション・リサーチ誌2017年1月号…

たばこ1~10本/日でも、早期死亡や肺癌リスクが大幅アップ、米国の大規模研究から

《医師監修》米国の大規模研究のデータを分析した結果、平均1日1~10本の喫煙、あるいは1日の平均が1本未満であっても、非喫煙者に比べて早期死亡リスクや肺癌による死亡リスクが高くなると分かりました。 さらに、早く禁煙するほどリスクが低くなることも分…

血液中のがん細胞で肺がんを超早期診断【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 今回はまだ完全には信じていない論文を紹介する。 CT検査…

車内の空気汚染が問題に、渋滞中はレベルが40%高い

《医師監修》車内の空気汚染が問題に、渋滞中はレベルが40%高い 渋滞中は、窓を閉めファンを切ってしまった方が良いようだ 英国の研究グループの報告によると、交通渋滞や信号待ちをしている間の自動車内においては、走っているときよりも40%も空気汚染の…