読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

耳に当てる時間が長いほど影響は大きい!?携帯電話は耳下腺腫瘍に影響があるかも

《医師監修》携帯電話から放出される熱や電磁波の放射によって、長時間、携帯電話で通話をする人は唾液分泌量が増加し、耳下腺に腫瘍ができてしまう可能性があるようです。 インドのVSPM歯科大学研究センターの研究者らが、耳の医療分野の専門誌である、「オ…

鎮痛薬の長期服用で、難聴のリスクあり? 長期間の使用に注意

《医師監修》女性の場合、「アセトアミノフェン」や「イブプロフェン」などの非ステロイド系の抗炎症薬を長期間(6年以上)使用すると、難聴になる可能性があるようです。 米国のハーバードメディカルスクールの研究グループが、アメリカン・ジャーナル・オ…

耳あか(垢)がたまるのを予防し、治療する、米国がガイドラインを更新

《医師監修》米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会は、2017年1月、耳垢の蓄積を避け最良の治療を薦めるガイドラインを示しました。

睡眠時無呼吸症候群に新治療! 刺激装置を舌下に埋め込む

《医師監修》このたび米国の研究グループは、「閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)」の症状を改善できる医療機械が承認を受けたと報告しました。 米国ペンシルベニア大学の研究グループが、第30回米国睡眠学会(APSS)年次会議(SLEEP 2016)で2016年6月に報告しまし…

聴力障害があると、早産/低出生体重児のリスクが高い

《医師監修》米国の研究グループの報告によると、2008~11年の全米データを分析した結果、聴力障害のある妊婦は、早産になるか、赤ちゃんが低出生体重になる可能性があると分かりました。 米国ブランダイス大学を含む研究グループが、予防医学の国際誌アメリ…

母乳で赤ちゃんの耳の感染症が減る、急性中耳炎に影響、テキサス大学医学部の報告

《医師監修》母乳を飲んでいると、赤ちゃんの耳の感染症が減る可能性があるようです。 米国テキサス大学医学部ガルベストン校の研究グループが、ペディアトリクス誌2016年4月号で報告したものです。

難聴を放置すると、うつ病に。補聴器の使用を渋る人が多い

《医師監修》難聴を治療せず生活に悪影響を及ぼしている成人が多くみられます。難聴の人で補聴器を使わない人は、使う人より50%以上うつ病になりやすいと、米国ホープ大学心理学の教授のD・マイヤーズ氏が、米国心理学会で報告しました。

鼻詰まりに対する治療、鼻の洗浄が効果的

《医師監修》鼻詰まりに対する治療、鼻の洗浄が効果的 慢性の鼻詰まりの解消には、蒸気吸入治療はあまり効果がなく、鼻の洗浄の方に効果があると分かりました。 英国・サウサンプトン大学の研究グループが、カナディアン・メディカル・アソシエーション・ジ…

ロックコンサートに行くなら耳栓を、大音響で難聴に、耳栓で予防

《医師監修》ロックコンサートに行くなら耳栓を、大音響で難聴に、耳栓で予防 研究グループは、コンサートやナイトクラブ、音楽フェスティバルなど大音響の環境に長時間滞在すると難聴になるリスクが高いと伝えています。 耳の一時的な難聴や耳鳴りを防止す…

C型肝炎は口腔がん発症のリスクを高める。口内の異常に注意喚起

《医師監修》C型肝炎は口腔がん発症のリスクを高める。口内の異常に注意喚起 C型肝炎にかかっている人は、口腔がん、中咽頭がんを発症するリスクが2倍高いことが分かってきたようです。 英国の公的組織、オーラル・ヘルス・ファウンデーションが注意を促して…