読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統合失調症における、新たな関連遺伝子と情報伝達経路に関する報告。

《医師監修》3D染色体マッピング技術を利用 米国の研究グループの報告によると、「3D染色体マッピング技術」と呼ばれる手法を使い、DNAの動きを調べ総合失調症の原因を特定できる可能性があると分かりました。 米国のカリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究…

統合失調症の動物モデル【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 統合失調症のゲノム研究結果 統合失調症は極めて複雑な高次脳機能障害で、私たちの自己や意識の問題に関わるがゆえに多くの医師や研究者、さらには哲学者を引きつけてきた…