読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早産再発予防薬「マケナ」は無効。妊娠糖尿病のリスクも

《医師監修》早産の再発リスクを軽減するとしてFDAが2011年に認可した合成ホルモン薬「17αカプロン酸ヒドロキシプロゲステロン」(製品名:マケナ)は、効果がない上、妊娠糖尿病のリスクを高める可能性があるようです。 米国テキサス大学サウスウェスタン医…

初潮が早い女性は妊娠糖尿病のリスクが高い

《医師監修》研究グループの報告によると、初潮が11歳以下の人は、13歳以上だった人よりも「妊娠糖尿病」を発症するリスクが50%高いことが明らかになりました。 オーストラリアにおける健康長期研究で、女性4700人以上のデータを分析した結果です。

大気汚染の影響で2型糖尿病の発症リスクが高くなる、ラテンアメリカ系の子どもたちを3年以上追跡調査

《医師監修》大気汚染の影響で「2型糖尿病」になりやすくなる可能性があるようです。 米国の南カリフォルニア大学の研究グループが、ダイアベティス誌で2017年1月30日に報告しました。

血糖値を下げる「インスリン」の効果を高める工夫を探る。コンピューターのシミュレーションで最適な方法を検討

《医師監修》血糖値を下げるホルモンであるインスリンの前駆体(複合体)に工夫をすることで、インスリンの働きを高めることが可能です。このたびコンピューターによるシミュレーションで最適な改良を突き止められそうだと分かりました。

定期的に有酸素運動を行っていれば、食べ過ぎても影響を受けない

《医師監修》食べ過ぎは続けなくても、肥満や糖尿病につながることもあります。一方、定期的な有酸素運動を続けると、1週間食べ過ぎても、脂肪が蓄積されにくいと分かりました。 アメリカのミシガン大学の研究グループが、米国アリゾナ州で開催された米国生…

肥満の人で「糖尿病」発症に関するたんぱく質が発見。治療に役立てられる可能性も

《医師監修》ネズミの実験で、「ガレクチン3」(Gal3)というたんぱく質が「2型糖尿病」発症の原因となる「インスリン抵抗性」を引き起こし、このたんぱく質の働きを抑制すると、2型糖尿病の改善につながる可能性があると分かりました。 中国医学科学院北京…

新しいパーキンソン病の治療薬に?糖尿病に対する新薬「MSDC-0160」の可能性

《医師監修》糖尿病の治療薬として開発された薬が、パーキンソン病の治療薬になる可能性があるとの発表がありました。 報告によると、「MSDC-0160」という薬にその可能性を見いだそうとする研究です。 米国ラッシュ大学などの研究グループが、サイエンス・ト…

糖尿病予備軍からの進行を薬で防ぐことが可能に?食欲を抑える薬が効果的

《医師監修》糖尿病の治療に使われている薬が、食事や運動と組み合わせることで、糖尿病予備軍から糖尿病への進行を予防できるかもしれません。 「リラグルチド」といわれる薬で、腸内で産生される食欲抑制ホルモン(GLP-1)を増やす働きをします。 英国イン…

肥満と妊娠糖尿病は胎児の過度な成長につながる。現在の妊娠糖尿病検査の時期は遅い

《医師監修》肥満と妊娠糖尿病は胎児の過度な成長につながる。現在の妊娠糖尿病検査の時期は遅い 糖尿病の専門医学誌であるダイアベーツ・ケア誌に発表された研究によると、肥満の妊娠糖尿病を発症している女性の赤ちゃんは妊娠 6カ月には通常よりも過剰な成…

肥満の人は、年を取っても甘いものが好きなまま、脳に秘密

《医師監修》肥満の人は、年を取っても甘いものが好きなまま、脳に秘密 太っている人は、年をとっても、甘いものが好きのままと言われます。どうしてそうなるのでしょうか。 どうやら脳に秘密があるようです。 米国ワシントン大学の研究グループが、糖尿病の…

自転車通勤で心臓を健康に保つ。デンマークとスウェーデンの研究から

《医師監修》自転車通勤で心臓を健康に保つ。デンマークとスウェーデンの研究から デンマークとスウェーデンの研究から デンマークとスウェーデンの研究グループの報告によると、車や電車、バスによる通勤方法を自転車通勤に変えると、「心臓病」のリスクが…

睡眠の取り過ぎも寝不足も、糖尿病のリスクを高める、ただし男性のみ

《医師監修》睡眠の取り過ぎや寝不足になると、体に不調が出るという経験はあるかもしれません。 新しい研究で、睡眠と糖尿病との関連が、男性のみに見られると分かりました。 オランダ・VUメディカルセンターの研究グループが、ジャーナル・オブ・クリニカ…

健康に良い脂肪の摂取で糖尿病の予防・治療、ひまわり油や大豆の油がおすすめ

《医師監修》健康に良い脂肪の摂取で糖尿病の予防・治療、ひまわり油や大豆の油がおすすめ ひまわり油や大豆に含まれる多価不飽和脂肪を摂取すると、2型糖尿病の予防と管理に役立つことが、大規模なメタ解析で分かりました。 米国・タフツ大学と英国・ケンブ…

若者の糖尿病が増加、米国発

《医師監修》若者の糖尿病が増加、米国発 米国では、若年世代に糖尿病が増える傾向があるようです。 米国のソーシャル・アンド・サイエンティフィック・システムズ(Social and Scientific Systems)社の研究グループが、医学誌のJAMAで2016年7月に報告しま…

アロエに糖尿病の治療効果がある。空腹時血糖が高い人ほど効果あり

《医師監修》アロエに糖尿病の治療効果がある。空腹時血糖が高い人ほど効果あり アロエは糖尿病に効果がある アロエが糖尿病に効果を示す可能性があるようです。 米国デイビッド・グラント・USAF・メディカル・センターの研究グループが、ジャーナル・オブ・…

「食べ過ぎるとさらに食べる」仕組みの一端を解明、小腸の「ウログアニリン」に秘密

《医師監修》「食べ過ぎるとさらに食べる」仕組みの一端を解明、小腸の「ウログアニリン」に秘密 食べ過ぎると、さらに食べてしまう。その悪循環の背景に、小腸の働きが関係しているようです。

フルーツの成分が肥満、糖尿病、心臓血管系の治療に役立つ。新薬の開発に期待

《医師監修》フルーツの成分が肥満、糖尿病、心臓血管系の治療に役立つ。新薬の開発に期待 ブドウとオレンジに肥満・糖尿病・心臓血管系の治療に役立つ成分を発見 研究グループの報告によると米国では成人の3分の1が肥満であり、心臓病・2型糖尿病・脳卒中・…

健康的な食生活によって、妊娠糖尿病を原因とする高血圧のリスクを下げる

《医師監修》健康的な食生活によって、妊娠糖尿病を原因とする高血圧のリスクを下げる 妊娠糖尿病と高血圧 妊娠糖尿病と高血圧 妊娠糖尿病の大半では出産後に血糖値は正常に戻りますが、長期的な影響があり、それが原因で、16年以上経過してから高血圧を発症…

「2型糖尿病」を防ぐには、運動を多く行うと良い 大規模な研究からの報告

《医師監修》「2型糖尿病」を防ぐには、運動を多く行うと良い 大規模な研究からの報告 イギリスの研究グループが100万人以上を対象とした大規模な研究のデータを分析して、「2型糖尿病」と運動の関係について調査を行いました。 調査の結果、運動量が多けれ…

赤ワインの成分が「多嚢胞性卵巣症候群」という病気や糖尿病に効果がある

《医師監修》赤ワインの成分が「多嚢胞性卵巣症候群」という病気や糖尿病に効果がある レスベラトロールの効果 妊娠可能な女性の5%~10%がホルモン異常に悩まされています。 「多嚢胞性卵巣症候群」(PCOS)という病気は「ホルモン内分泌障害」で最も多い…

1日2杯の甘いソフトドリンクで「成人潜在性自己免疫性糖尿病(LADA)」のリスクが2倍

《医師監修》1日2杯の甘いソフトドリンクで「成人潜在性自己免疫性糖尿病(LADA)」のリスクが2倍 甘い飲み物の飲み過ぎには注意が必要のようです。 スウェーデンの2800人以上を調査した研究で、砂糖や人工甘味料を加えたソフトドリンク200 mLを1日2回以上飲…

非アルコール性脂肪性肝炎を改善するホルモンを発見、神戸大学などの報告

《医師監修》非アルコール性脂肪性肝炎を改善するホルモンを発見、神戸大学などの報告 研究グループの報告によると、「非アルコール性脂肪性肝炎」(NASH)となった人で、肝臓の悪い組織が増えるのを防ぐホルモンが発見されました。 今後、この発見で治療薬…

「健康的な肥満」は本当に存在するのか。肥満の人の遺伝子を調べた研究結果

《医師監修》「健康的な肥満」は本当に存在するのか。肥満の人の遺伝子を調べた研究結果 「健康的な肥満はあるのか」という話題が、過去15年以上にわたり多くの議論を呼んでいます。 肯定する研究結果、否定する研究結果とさまざまですが、すべての肥満は治…

ヒスパニック系アメリカ人は糖尿病でも長生き。人種によって血液の老化速度が違う可能性

《医師監修》ヒスパニック系アメリカ人は糖尿病でも長生き。人種によって血液の老化速度が違う可能性 「ヒスパニック系アメリカ人」は糖尿病やその他の病気にかかっている率が高いにもかかわらず、他の人種より長生きです。ヒスパニック系アメリカ人が他の人…

糖尿病の予防薬につながる新たな発見。「脂肪バランス」と「インスリン作用」を調整するたんぱく質を特定

《医師監修》糖尿病の予防薬につながる新たな発見。「脂肪バランス」と「インスリン作用」を調整するたんぱく質を特定 糖尿病にはいくつかの種類があります。今回は特に「2型糖尿病」についての新しい発見のようです。 筋肉細胞内の脂肪バランスとインスリン…