読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙薬バレニクリン、副作用の警告を解除

《医師監修》FDAが8年ぶりに警告を解除。 禁煙薬「バレクニン」は、効果が高いながら、2009年ごろから重大な副作用が疑われ、FDA(米国食品医薬品局)から警告が出されていました。このほど、大規模な実験により、警告が解除されたようです。 米国フロリダア…

電子たばこでも有毒物質が放出される。放出量は装置の温度、形式、使用期間で変わる

《医師監修》電子たばこでも有毒物質が放出される。放出量は装置の温度、形式、使用期間で変わる 流行している電子たばこの安全性に疑問を感じる報告があります。 米国カリフォルニア州のローレンス ・ バークレー国立研究所の研究グループは、電子たばこか…

たばこをやめてもDNAへの影響は30年続く、DNAの修復には5年は必要

《医師監修》たばこをやめてもDNAへの影響は30年続く、DNAの修復には5年は必要 たばこが人の「ゲノム」(すべての遺伝子を含むDNAの一式)に対してDNAの「メチル化」という形で影響を及ぼし、一部のDNAのメチル化部位はたばこをやめてから30年間も続く可能性…

たばこの依存性を解消する手段につながる?脳のニコチン受容体の結晶化に成功

《医師監修》てんかんや、認知障害に活用も 喫煙で悪影響を与える「ニコチン」に依存している人の脳では何が起こっているのでしょうか。 このたび脳の中でニコチンを受け止める「ニコチン受容体」の結晶化に成功しました。たばこの依存性に加えて、てんかん…