読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜間の仕事で疲労を感じる人は遺伝子変異が関係しているのかもしれない

《医師監修》夜間の仕事など、不規則な生活で疲れが出やすい人と疲れがでない人の違いには、「メラトニン受容体」を減らす遺伝子変異が影響している可能性があるようです。 フィンランドのヘルシンキ大学を含む研究グループが、睡眠研究学会(SRS)が発行す…

睡眠不足の謎は?睡眠が極端に少ない「洞窟魚」に迫る研究

《医師監修》人間はもちろん、睡眠はどんな動物にとっても生活の基本になるものです。睡眠に異常が生じれば、健康にも支障は出ます。 そんな基本的に睡眠ではありますが、そのメカニズムについては今でも分からないことだらけのようです。 睡眠が極端に少な…

よい睡眠を取れば満足度の高いセックスに 北米更年期学会の報告

《医師監修》睡眠時間が短いと不眠症になりやすく、さらに閉経期の女性では性機能が低下することが分かりました。北米更年期学会が、メノポーズ誌2017年1月号で報告しました。

若い時の仕事のストレスが40歳を越えてからの健康に影響。1979年から開始した長期研究の結果

《医師監修》若い時の仕事のストレスが40歳を越えてからの健康に影響。1979年から開始した長期研究の結果 米国の研究グループの報告によると若者を対象に長期にわたって調査した結果、仕事への不満を感じている人は、40歳以降になってからの「抑うつ症」「睡…

13万人に発症している脳卒中と睡眠障害は関連している!? 睡眠障害は脳卒中の危険性を高くする

《医師監修》アメリカでは500万から700万人が何らかの原因で睡眠に問題がみられ、健康面での危険性が増加する状態がみられます。 ドイツのエッセン大学の研究グループの報告によると、睡眠障害が脳卒中の発症の危険性を増加させ、脳卒中発症後の回復も妨げる…