読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1時間~2時間程度の睡眠時間の不足で、衝突事故のリスクが2倍に、飲酒運転と同程度のリスクあり

《医師監修》睡眠時間が1時間~2時間短くなると、自動車の運転による衝突のリスクが2倍になります。さらに、7時間の睡眠時間をとっている人に比べ、2時間~3時間睡眠時間が短くなると、衝突のリスクは4倍になります。 研究報告によると、4時間から5時間の睡…

時差ボケは、睡眠より食事の時間の調節が効果的 

《医師監修》イギリスの研究グループによると長距離旅客機の乗務員60人を対象に、オフの日の食事時間を調整した場合と、しなかった場合の時差ボケの程度を比較する調査を行いました。 その結果、搭乗日の後のオフの日の食事時刻を調整することで、時差ボケが…

若い時の仕事のストレスが40歳を越えてからの健康に影響。1979年から開始した長期研究の結果

《医師監修》若い時の仕事のストレスが40歳を越えてからの健康に影響。1979年から開始した長期研究の結果 米国の研究グループの報告によると若者を対象に長期にわたって調査した結果、仕事への不満を感じている人は、40歳以降になってからの「抑うつ症」「睡…

運転中の眠気は危険! 「光療法」とカフェインの効果で吹き飛ばして防止。

《医師監修》「光療法」と呼ばれる方法に、おなじみのカフェインの効果を加えると、睡眠不足のドライバーの眠気を覚まし、運転能力を向上させるようです。 オーストラリア・クイーンズランド工科大学の研究グループが、2016年8月にオーストラリアのブリスベ…

閉塞性睡眠時無呼吸、夜間の低酸素血症に要注意!放っておくと若者でも非アルコール性脂肪性肝疾患を進行させる危険性

《医師監修》「閉塞性睡眠時無呼吸」と夜間の「低酸素血症」は酸化ストレスをもたらし、成人で「非アルコール性脂肪性肝疾患」(NAFLD)を促進することが研究で証明されています。 今回、これらの要素が若者でも小児NAFLDから「非アルコール性脂肪性肝炎」(…

13万人に発症している脳卒中と睡眠障害は関連している!? 睡眠障害は脳卒中の危険性を高くする

《医師監修》アメリカでは500万から700万人が何らかの原因で睡眠に問題がみられ、健康面での危険性が増加する状態がみられます。 ドイツのエッセン大学の研究グループの報告によると、睡眠障害が脳卒中の発症の危険性を増加させ、脳卒中発症後の回復も妨げる…

ブルーライトを浴びると眠れなくなる?!光を感じる色素「メラノプシン」の働きが関係か

《医師監修》パソコンやスマートフォンなどを眠る前に見ていると、いつの間にか眠くなる?またはなかなか眠れない? その光の色によって、眠気を誘う効果には差が出てくるようです。 ブルーライト(青い光)は眠気を遠ざける可能性があるので要注意かもしれ…

慢性不眠症を予防するには、眠る時間を減らすこと。急性不眠症のうちに、解決すべし

《医師監修》米国の研究グループは不眠症を予防するには、まず、ベッドにいる時間を減らすとよいと報告しています。 ペンシルベニア大学の研究グループが、デンバーで行われた「第30回睡眠専門家学会スリープ2016」においてこの6月に報告しました。

睡眠不足、いびきをかく人は、がん、特に乳がんの原因になりやすい

《医師監修》睡眠不足、いびきをかく人は、がん、特に乳がんの原因になりやすい 十分な睡眠は健康的な生活に不可欠であると、改めて思うニュースがあります。 米国シアトルのフレッドハッチンソンがん研究センターなどの研究グループは、初めてがんにかかっ…

血圧の高い子供は、暗記力や言語能力に悪い影響?背景に睡眠不足

《医師監修》血圧の高い子供は、暗記力や言語能力などの認知機能が良くないことが分かりました。 米国ロチェスター大学をはじめとする研究グループが、ぺディアトリクス誌2016年9月号で報告しました。