読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠時無呼吸症候群に新治療! 刺激装置を舌下に埋め込む

《医師監修》このたび米国の研究グループは、「閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)」の症状を改善できる医療機械が承認を受けたと報告しました。 米国ペンシルベニア大学の研究グループが、第30回米国睡眠学会(APSS)年次会議(SLEEP 2016)で2016年6月に報告しまし…

REM睡眠とシナプス【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 シナプスの形態的変化を追跡する 2015年7月1日、生きたマウスの脳内のスパインの動態を長期間観察する方法を開発し、海馬の樹状突起から飛び出てくるスパインが極めて動的…

太りすぎるとレム睡眠の時間が長い?質のよい睡眠には普段の生活を改善

《医師監修》太りすぎるとレム睡眠の時間が長い?質のよい睡眠には普段の生活を改善 米国ペンシルニア大学の研究グループの報告によると太りすぎの人は、正常な体重の人に比べてレム睡眠の時間が長いと分かりました。 研究グループが、2016年6月11にデンバー…

眠りはシナプスの形態変化を促す【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 眠りと脳の形状の変化 自己の感覚や意識、学習や記憶など大脳皮質が行うどんな高次機能も、そこに存在する1600億個の神経細胞同士がシナプスを介して結合する強さのパター…

睡眠不足で腸内細菌叢に変化。結果的に肥満につながる可能性も

《医師監修》睡眠不足で腸内細菌叢に変化。結果的に肥満につながる可能性も 肥満につながるか研究を重ねる必要がある スウェーデンの研究グループが睡眠不足と肥満の関連性を調査したところ、睡眠不足によって「腸内細菌叢」(ちょうないさいきんそう)が変…

夢を見ないとされる「ノンレム睡眠」のときも夢は見られる。経頭蓋磁気刺激法で起きている時と同じ脳の活動に

《医師監修》「ノンレム睡眠」という深い眠りの状態では、夢を見ないといわれていますが、そうでもないようです。 このたび「経頭蓋磁気刺激法」(けいとうがいじきしげきほう、TMS-EEG)と呼ばれる方法を用いると、強制的に夢を見るように変えられると分か…

睡眠の取り過ぎも寝不足も、糖尿病のリスクを高める、ただし男性のみ

《医師監修》睡眠の取り過ぎや寝不足になると、体に不調が出るという経験はあるかもしれません。 新しい研究で、睡眠と糖尿病との関連が、男性のみに見られると分かりました。 オランダ・VUメディカルセンターの研究グループが、ジャーナル・オブ・クリニカ…

ブルーライトを浴びると眠れなくなる?!光を感じる色素「メラノプシン」の働きが関係か

《医師監修》パソコンやスマートフォンなどを眠る前に見ていると、いつの間にか眠くなる?またはなかなか眠れない? その光の色によって、眠気を誘う効果には差が出てくるようです。 ブルーライト(青い光)は眠気を遠ざける可能性があるので要注意かもしれ…

眠っている間の記憶力アップ、その秘密は「自律神経」、カリフォルニア大学の報告

《医師監修》いわゆる浅い眠りである「レム睡眠」の間に起こり、しかも自律神経の働きに秘密があるようです。 米国カリフォルニア大学の研究グループが、2016年6月28日付けの米国科学アカデミー紀要で報告しました。

慢性不眠症を予防するには、眠る時間を減らすこと。急性不眠症のうちに、解決すべし

《医師監修》米国の研究グループは不眠症を予防するには、まず、ベッドにいる時間を減らすとよいと報告しています。 ペンシルベニア大学の研究グループが、デンバーで行われた「第30回睡眠専門家学会スリープ2016」においてこの6月に報告しました。

東京都内で睡眠時無呼吸症候群の相談を19時以降に受診できるおすすめの病院・クリニック

東京都港区で睡眠の相談ができる病院・クリニックをご紹介!「東京疲労・睡眠クリニック」、「虎ノ門スリープクリニック」、「神経研究所附属睡眠呼吸障害クリニック」など、19時以降の受診も可能なおすすめ医院をまとめています。