読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白人の研究でアルコールがメラノーマのリスクを高くするとの報告、白ワインは1日1杯でリスクが13%高く

《医師監修》大規模コホート研究のデータ分析結果 3つの疫学研究のデータを分析した結果、白人においてはアルコール、特に白ワインを飲むことでメラノーマ(悪性黒色腫)のリスクが高まると分かりました。

身長と若ハゲには関連性がある?ドイツの研究報告

《医師監修》研究グループの報告によると、身長の低い男性は、早い時期にはげになる(若ハゲになりやすい)リスクが高い可能性があります。ドイツ・ボン大学の研究グループが、ネイチャー・コミュニケーション誌2017年3月号で報告しました。

化学療法中の頭皮冷却で脱毛を防ぐ。乳がん患者の大きな悩みの解決に

《医師監修》乳がん患者に対し一般に用いられている化学療法の副作用には、髪の毛の喪失があります。この副作用に多くの患者が悩んでいます。 ステージ1およびステージ2の患者で頭皮冷却システム(ディグニキャップ、DigniCap)を試したところ、3分の2の患者…

お肌を守るのに、細菌が一役かっている。皮膚の常在菌が抗酸化作用のある酵素を分泌している

《医師監修》人間の皮膚には多くの細菌が存在します。この細菌は自分の環境を住みやすいものにするため酵素を分泌し、皮膚を損傷や病気から守っているようです。 スウェーデンのルンド大学の研究グループが、サイエンティフィック・リポーツ誌で2016年11月2…

傷の治りを早くするには「電気」の力?!糖尿病で傷の治りが遅い謎を検証、カリフォルニア大学の報告

《医師監修》傷の治りを早くするために「電気」の力を生かせるかもしれません。糖尿病の傷の治りが遅くなる謎を検証した結果から見えてきたものです。 米国カリフォルニア大学デイビス校の研究グループが、サイエンティフィック・レポート誌で、2016年6月10…

日焼け止め成分が男性の不妊に関係しているかもしれない

《医師監修》紫外線カット成分が精細胞の機能に影響を及ぼす証拠を発見 日焼け止めに一般的に使われている多くの紫外線(UV)カットのための化学物質は、人間の精細胞(精子の元になる細胞)の機能を妨げる可能性があるようです。UVカット剤29種が精細胞に及…

骨髄腫瘍の治療薬の経口投与により円形脱毛症の人で、毛髪が92%も再生

《医師監修》経口ルキソリチニブとトファシチニブの試験結果 円形脱毛症に骨髄腫瘍の治療薬が奏功し、92%で毛髪が再生したと発表しました。 米国コロンビア大学の研究グループが、米国臨床研究学会(ASCI)が発行する生物医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル…

「皮膚パッチ」でピーナッツアレルギーのリスクを回避

《医師監修》「皮膚パッチ」でピーナッツアレルギーのリスクを回避 年齢が低いほど効果が高い アメリカの研究グループの報告によると、「ピーナッツアレルギー」を皮膚パッチで治療すると、安全性を保ちながら利用できて効果がある上に、幼い子供ほど効果が…

薬が効かない細菌に「画期的な治療法」、細菌を殺すのではなく、皮膚の傷にくっつきにくくする

《医師監修》床ずれ(褥瘡、じょくそう)や潰瘍(かいよう)など皮膚の傷に付いた細菌を消滅させるのではなく、傷の細胞に細菌が付着しにくくして感染を防ぐという画期的な治療法が開発されました。 英国シェフィールド大学医学部を含む研究グループが、オン…

人の臍帯血でアトピー性皮膚炎を治療?!幹細胞の効果を確認

《医師監修》人の臍帯血からとった幹細胞が、重いアトピー性皮膚炎も治す可能性があるようです。 韓国ソウル国立大学の研究グループが、ステム・セルズ誌2016年6月3日号オンライン版で報告しました。