読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

従来の100万倍以上でがんを早期発見するバイオセンサーを開発

《医師監修》オハイオ州クリーブランドのケース・ウエスタン・リザーブ大学の物理学者とエンジニアのチームは、従来よりも 100 万倍以上敏感にがんを検出する光学バイオセンサーを作成し、がんや他の病気のための効果的な早期検知システム開発を目指している…

思春期の食事が乳がんに影響? 肉類を多く食べると高い乳腺密度につながる可能性

《医師監修》思春期の食事が乳がんに影響? 肉類を多く食べると高い乳腺密度につながる可能性 思春期に「飽和脂肪(牛肉や豚肉の脂)」を多く食べる女性と、「不飽和脂肪(魚類の脂や植物性の油)」を多く食べる女性は、20代で「乳腺密度」が高くなる可能性…

喫煙と過度の飲酒を避け、適正体重を維持し、定期的に運動で、健康的ながん予防

《医師監修》喫煙と過度の飲酒を避け、適正体重を維持し、定期的に運動で、健康的ながん予防 研究グループの報告によると米国の健康調査や統計などのデータの分析から、 喫煙や過度の飲酒を避ける、適正体重の維持、定期的な運動により、がんの発生を20~40…

運動はがんを今まで以上に予防?

《医師監修》運動はがんを今まで以上に予防? 13種類のがん発症リスクの低下 研究グループは体力を保つことが、がん予防に役立つ可能性があると報告しています。普段から運動をしている人は運動をしていない人と比較して26種類のがんのうち13種類の発症リス…

運動不足は血栓ができるリスクを高める?

《医師監修》運動不足は血栓ができるリスクを高める? 持久力を鍛える適度な運動が効果的 運動をあまりしない女性は、よく運動する女性と比べて血栓ができる可能性が高いようです。反対に、適度な運動を行うと血栓ができるリスクを下げると分かってきました。

毎日新鮮な果物を食べると、心臓の病気による死亡が減る可能性あり

《医師監修》中国人を対象に調査 米国や英国の研究では、果物を多く摂ることで、心臓血管系の病気にかかるリスクを減らすことができると分かっています。しかし、果物の消費が少なく脳卒中を発症する率の高い中国では、果物の摂取の効果がどの程度あるかは分…