読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予定日前に生まれる赤ちゃんの数が減少 誘発分娩や帝王切開にも関連している

《医師監修》アメリカでは、早産(34週から37週未満で生まれた赤ちゃんと37週から38週未満に生まれた赤ちゃん)の数が、2006年から2014年の間で減少してきたことが確認されました。 誘発分娩や帝王切開の減少とも関連があるようです。 米国アトランタ大学の…