読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊婦の早産が問題。現行の予測検査はどうか?

《医師監修》現行の一般的な早産検査は、初産婦の自然早産の場合ほとんど予測効果がなく、検査には適さないようです。 米国テキサス大学サウスウェスタン医学センターを含む研究グループが、有力医学誌JAMA誌で2017年2月20日に報告しました。

若くして中絶手術、米国小児科学会が秘密を守る権利を求める声明

《医師監修》若くして中絶手術を受ける必要が出た時は、秘密を守られた中で手術を受けられるよう、求める声明が米国から出ています。 適切なタイミングで医療機関を受診できるよう求めています。

胎児期のビタミンA不足がアルツハイマー病につながる?食事への注意が大切と国際研究グループ

《医師監修》マウスの実験で、胎児期のビタミンA不足は出生後の不足より認知機能に大きく影響し、アミロイドβの蓄積を促進することからアルツハイマー病につながる可能性があると分かりました。

高齢出産では、出産時に合併症を発症しやすい? 子宮の構造やホルモンの変化

《医師監修》女性の出産年齢が上がるにつれ、妊娠合併症を発症する危険性も上がっています。これは分娩が遅れたり、分娩にかかる時間が長引いたりすることが原因ようです。 英国、キングズカレッジロンドンの研究グループが、フィジオロジー誌2017年1月号で…

妊娠中の飲酒は胎児に影響する。血液検査で胎児性アルコール症候群を予測

《医師監修》妊娠中アルコール摂取を続けると「胎児性アルコール症候群」に。妊娠中期から後期の妊婦の血液検査で予測診断ができると判明しました。 この方法で胎児性アルコール症候群の予防が可能になるそうです。

妊娠中の栄養不足やストレスに要注意、赤ちゃんの一生の筋肉に影響する可能性

《医師監修》妊娠中の栄養不足やストレスは、生まれてくる赤ちゃんの筋肉の発達に大きく影響し、一生にわたってのその影響が続く可能性もあるようです。

初潮が早い女性は妊娠糖尿病のリスクが高い

《医師監修》研究グループの報告によると、初潮が11歳以下の人は、13歳以上だった人よりも「妊娠糖尿病」を発症するリスクが50%高いことが明らかになりました。 オーストラリアにおける健康長期研究で、女性4700人以上のデータを分析した結果です。

早産には、膣や子宮頸部の細菌が関係あり 善玉菌を増やすと早産予防に?

《医師監修》1500人の妊婦から、妊娠第16~18週、20~24週、24~28週の3つの時期に子宮頸部と膣の微生物を採取し、調査しました。 その結果、ある種の細菌が早産のリスクと関係があることが分かりました。 一方で、ビフィズス菌や乳酸菌はむしろ良い効果があ…

妊娠後期には仰向けに寝てはいけない?

《医師監修》死産のリスクが上昇する可能性 英国の研究グループの報告によると妊娠第3期に入ってから、仰向けに寝ると胎児の心拍数と活動が変化し、酸素供給が低下したと分かりました。母体が健康な状態でも、死産の可能性が高くなる可能性があるので、妊娠…

初めての出産が遅い女性は長生きする?

《医師監修》初出産が25歳以上の女性は、90歳まで生きる確率が高いという分析結果 米国の研究グループの報告によると、大規模研究データを分析した結果、初出産が25歳以上の女性は、それ以前の女性より90歳まで生きる確率が高いという結果が分かったと報告し…

妊娠中のストレスが腸内細菌を介して胎児に影響する?

《医師監修》子どもが大きくなってからも心の健康に悪影響を与える 妊娠中のストレスが、母胎の腸内細菌を変化させ、胎児の脳の発達に影響を与え、子どもが大きくなってからも、その悪影響が続くことが分かりました。その影響は、子どもの自閉症や、情動障害…

予定日前に生まれる赤ちゃんの数が減少 誘発分娩や帝王切開にも関連している

《医師監修》アメリカでは、早産(34週から37週未満で生まれた赤ちゃんと37週から38週未満に生まれた赤ちゃん)の数が、2006年から2014年の間で減少してきたことが確認されました。 誘発分娩や帝王切開の減少とも関連があるようです。 米国アトランタ大学の…