読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エストロゲンを含む避妊薬は胎児に影響? ビタミンD低下の可能性

《医師監修》女性ホルモンの「エストロゲン」を含む避妊薬を服用している場合、飲んでいない女性よりビタミンDの濃度が高く、服用の中止でビタミンDの数値が激減する可能性が分かりました。 妊娠した場合に、ビタミンDの不足から、赤ちゃんの骨の形成異常に…

抗生物質への耐性を持つ淋菌が出現、「脅威が高まる」

《医師監修》淋菌が、性感染病の治療薬であるアジスロマイシンに耐性を持ち始めているようです。治療不可能な淋病の脅威が増しており、新たな感染の予防がこれまで以上に重要になっています。 米国疾病対策センター(CDC)が2016年7月に「罹患率・死亡率週報…

不妊治療と心血管疾患の関係性

《医師監修》10万例の分娩後の調査。不妊治療しても心臓の病気は増えない 研究グループによると排卵誘発や体外受精の不妊治療を受けても、将来の「狭心症」や「うっ血性心不全」などの心血管疾患の発生率は低いと分かりました。 イスラエルのネゲフ・ベング…

遺伝子の不活性化が、男性の避妊や不妊治療につながるか

《医師監修》精子が卵子に到達できるように、その細胞を活性化する酵素が発見されました。 米国・カリフォルニア大学バークレー校のN・ミラー氏、他の研究チームが、サイエンス誌2016年3月17日号オンライン版で報告しました。

肥満と妊娠糖尿病は胎児の過度な成長につながる。現在の妊娠糖尿病検査の時期は遅い

《医師監修》肥満と妊娠糖尿病は胎児の過度な成長につながる。現在の妊娠糖尿病検査の時期は遅い 糖尿病の専門医学誌であるダイアベーツ・ケア誌に発表された研究によると、肥満の妊娠糖尿病を発症している女性の赤ちゃんは妊娠 6カ月には通常よりも過剰な成…

健康的な食生活によって、妊娠糖尿病を原因とする高血圧のリスクを下げる

《医師監修》健康的な食生活によって、妊娠糖尿病を原因とする高血圧のリスクを下げる 妊娠糖尿病と高血圧 妊娠糖尿病と高血圧 妊娠糖尿病の大半では出産後に血糖値は正常に戻りますが、長期的な影響があり、それが原因で、16年以上経過してから高血圧を発症…