読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肥満の新たな治療法か? 脂肪を燃焼させやすい信号伝達経路が発見

《医師監修》通常の脂肪細胞は「白色脂肪細胞」と呼ばれ、エネルギーを蓄えるために脂肪を蓄積し、増え過ぎると肥満につながります。 一方、成人に少なくて子供に多い「褐色脂肪細胞」は、食べ物のエネルギーを熱に変えて、身体を寒さから守り、肥満や糖尿病…

世界で高血圧の患者が倍増。WHO(世界保健機構)は食生活改善を緊急の課題と警鐘

《医師監修》世界中で、高血圧の人が増加しているようです。 高血圧の人は世界中で、11億3000万人となり、過去40年間で約2倍になりました。 また、その割合は地域や国ごと違いがあり、特にアフリカや南アジアに住む人に高血圧の患者が多いようです。 インペ…

肥満指数と「βアミロイド」は関連している!? 低体重の高齢者はアルツハイマー病の危険性が高い、ハーバード大学の報告

《医師監修》アルツハイマー病に特徴的な脳内の「βアミロイド」というたんぱく質の蓄積が、低体重の高齢者ではより多く見られ、低体重とアルツハイマー病発症に関連があることが分かりました。 アメリカのハーバード大学医学大学院の研究グループは、ジャー…

バイアグラが糖尿病の心臓発作リスクを低下 男性約6000人を調査

《医師監修》2型糖尿病患者で、ED(勃起不全)の治療薬、バイアグラを使用している人は、使用していない人に比べて心臓発作のリスクが30~40%少なく、心臓病による死亡リスクも40%低いと分かりました。 英国オックスフォード大学とマンチェスター大学の研…

紫キャベツが心血管リスクを低減? 肥満マウスで体重増加の抑制と脂質代謝の改善あり

《医師監修》野菜の摂取が健康に良い、という話はよく聞きますが、特に成長過程の野菜に 多く栄養素があることが分かりました。 紫キャベツの若葉が心疾患や肥満の予防に効果があるという報告があります。

傷の治りを早くするには「電気」の力?!糖尿病で傷の治りが遅い謎を検証、カリフォルニア大学の報告

《医師監修》傷の治りを早くするために「電気」の力を生かせるかもしれません。糖尿病の傷の治りが遅くなる謎を検証した結果から見えてきたものです。 米国カリフォルニア大学デイビス校の研究グループが、サイエンティフィック・レポート誌で、2016年6月10…

悪玉コレステロールを抑えるとがんの成長を遅らせる、肝臓への信号に秘密

《医師監修》研究グループは、悪玉コレステロールとして知られている「超低比重リポ蛋白 (VLDL)」と 「低比重リポタンパク質 (LDL)」を除去するとがん細胞がどのように成長するか、また がん細胞を減らせるのか研究をしました。 悪玉コレステロールはがんを…