読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月経前に気分が変わるのは「遺伝子のネットワーク」の異常が関与?  プロゲステロンやエストロゲンの感受性を増す可能性

《医師監修》月経の前の数日間における気分の変化。女性にとって、月経前症候群(PMS)は身近なものです。 従来の研究によると、PMSは月経周期中のホルモンの変化と関連していると報告されてきましたが、正確な原因は不明のままでした。 このたび調節不全と…

閉経後のホルモン療法は、記憶に影響なし。閉経後エストロゲンの認知機能などへの影響

《医師監修》閉経後のホルモン療法が女性の記憶能力に影響するのか、熱い議論が続いてきました。 2016年7月15日オンライン版のニューロロジー誌で米国・スタンフォード大学医学部のビクター・ヘンダーソンらは、ホルモン療法が記憶機能を変化させないと報告…

生理前に性格が豹変する ─ 月経前不快気分障害(PMDD)とは

《医師監修》報告によると、月経前不快気分障害の原因はいまだ不明ですが、月経周期の正常なホルモン機能に対する脳の異常な反応が一因で、そのため神経伝達物質に異常が生じます。また月経前不快気分障害にはセロトニンの関与が知られることに。セロトニン…