読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難病と言われる多発性骨髄腫に新薬の可能性 増殖を左右するたんぱく質が特定される

《医師監修》多発性骨髄腫が、「MCL-1」というたんぱく質によって、増殖していることが明らかになりました。 この発見により、増殖を抑える、新薬の開発が期待されるようです。 オーストラリアのウォルター・アンド・エリザ・ホール医学研究所とモナシュ大学…

新薬「フェビピプラント」が喘息の症状を軽減 中~重度の喘息患者対象に検証

《医師監修》新たな喘息(ぜんそく)の症状を軽減する治療薬が研究されているようです。 中~重度の喘息患者61人を対象に新薬「フェビピプラント」を検証したところ、症状を軽減させたようです。 イギリスのレスター大学を含む研究グループが、有力医学誌の…