読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性器の整形、吸引した脂肪で「フェイスリフト」や「豊胸」も、美容整形の最新の統計とトレンド

《医師監修》米国における2016年の美容整形は3%増加し、美容整形手術と最小侵襲整形の件数は合計で1700万件以上に上りました。 新しい整形のトレンドが、「フェイスリフト」と「脂肪」にあることが明らか。 米国形成外科学会が、2016年の美容整形と最小侵襲…

100年にわたる謎が解けた、腎臓を一つ取るとなぜもう一つが大きくなるか【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 片方の腎臓を手術で取ると、もう片方が肥大する。私も習っ…

「I」と「We」:個人主義と集団主義【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

昨日はYouの持つ2面性の背景に、「個別と普遍」という唯名論に関する論争のルーツがあることを示した心理学研究を紹介した。 しかし、これを読みながら私たち日本の文化がこのYouの普遍化にどれほど馴染みがあるのか気になった。

高リスクの前立腺がんでも、全摘出手術や放射線で死亡率が半減

《医師監修》80歳以上で高リスクの前立腺がん患者について、放射線や全摘出手術、死亡率を640施設で調査しました。 報告によると、前立腺がんは手術を含めた積極的な治療で、完治する可能性がありました。 スウェーデンの研究グループが、ヨーロピアン・ニュ…

看護師主導の救急対応が救急室の混雑を緩和。質を落とさず多くの患者を受け入れる

《医師監修》救急室の混雑は、世界中の病院に共通する複雑な問題です。 治療の質を損なわず、患者の流れを改善させることは大きな課題です。 この課題について、看護師主導で救急患者へ対応すると、救急室の効率使用につながると報告されています。カナダ、…

食道再建手術から7年後で普通の食事を維持、食道の再建手術成功

《医師監修》市販のステントと皮膚組織を使い、人で初めて食道の再建に成功。再建手術から7年後には普通の食事が可能 研究グループによると重度に損傷した食道を市販の医療機器「ステント」を使い食道再建手術をした人が、7年後には問題もなく普通の食事が可…