読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜間の仕事で疲労を感じる人は遺伝子変異が関係しているのかもしれない

《医師監修》夜間の仕事など、不規則な生活で疲れが出やすい人と疲れがでない人の違いには、「メラトニン受容体」を減らす遺伝子変異が影響している可能性があるようです。 フィンランドのヘルシンキ大学を含む研究グループが、睡眠研究学会(SRS)が発行す…

慢性疲労症候群は仰向けで伸びをすると悪化か?筋肉の緊張が問題に

《医師監修》「慢性疲労症候群」とは、深刻な疲労が起こってくる病気です。 これまで体を動かすことで悪化する可能性があると知られていました。 今回、仰向けに寝て足をまっすぐに伸ばす運動が引き金になると分かりました。 米国ジョンズホプキンス大学の研…