読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気軽なセックスを好む青少年はセクハラの加害者/被害者になりやすい

《医師監修》言葉による性的嫌がらせは男子同士が最も多い ノルウェーの青少年を対象とした研究によると、特定の相手に限らず気軽にセックスをする、あるいは、したい傾向がある青少年は、性別を問わずセクハラの加害者/被害者になりやすいようです。また、…

初潮が早い女性は妊娠糖尿病のリスクが高い

《医師監修》研究グループの報告によると、初潮が11歳以下の人は、13歳以上だった人よりも「妊娠糖尿病」を発症するリスクが50%高いことが明らかになりました。 オーストラリアにおける健康長期研究で、女性4700人以上のデータを分析した結果です。

男性の思春期と精子の関係 思春期はさまざまな成長過程に影響

《医師監修》デンマークの研究グループの報告によると男性における思春期の時期は、性と生殖の健康と深く関わっています。19歳の男性約1000人にアンケートによる思春期の時期と、精子の質やホルモンの関係を調査しました。 思春期が遅いと、精子の質が落ち、…

避妊薬の使用は、うつ病のリスクを高める可能性がある。特に思春期の女性が最もリスクが高い

《医師監修》避妊薬の使用でうつ病の発症リスクが増加する 避妊薬の使用は注意が必要のようです。 100万人以上の女性のデータを分析した結果、避妊薬を使用すると、うつ病になりやすくなると分かりました。 特に、15歳~19歳の思春期の女性に危険性が高いこ…

思春期は成長にエネルギーを使うはずなのに、なぜ太ってしまうのか?成長するためのエネルギー温存が理由

《医師監修》思春期は成長にエネルギーを使うはずなのに、なぜ太ってしまうのか?成長するためのエネルギー温存が理由 15歳の子どもたちは10歳の頃と比べ、休息時に燃焼するカロリーが4分の1ほど減少すると、12年の長期研究で明らかになったそうです。 これ…