読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PTSDや行動障害の10歳代の若者は他人の表情をうまく読み取れない。 つまり、怒りの表情を恐怖に、悲しみを怒りにと誤解したりする。

《医師監修》心的外傷後ストレス障害(PTSD)のある子どもたちは、怒りを恐怖だと間違って解釈する傾向があり、行動障害のある子どもたちは、悲しみの表情をきちんと認識できていませんでした。 米国ニューヨーク大学の研究者を中心とする研究グループが、チ…

拒食症になると脳治療後すぐには回復しない、正常になるまで時間が必要

《医師監修》拒食症の人の脳を調べたところ、食欲のコントロールに変化が起こるようです。 数週間にわたる治療を受けて、体重の増加に至っても、この変化は続き、再発のリスクにつながると分かりました。 コロラド大学の研究グループが、アメリカン・ジャー…

不眠症の薬の選択は合理的?米国で医師の習慣で処方されているとの調査結果

《医師監修》不眠症の治療において、患者の症状や特徴によって薬が選ばれているというよりは、医師は機械的に過去の処方パターンを繰り返す傾向が多いという報告が米国から出ています。 不眠症を考えるときのヒントになるのかもしれません。 米国ハーバード…

女性に増えている過食症、効果がある治療法とは

《医師監修》 米国の団体の説明によると、過食症の治療はチームで行い、回復に向けさまざまなアドバイスやサポートを行うことが大切といいます。 ヘルプガイド・オーグ・インターナショナルという、公的な団体が詳しく説明しています。