読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安障害は「女性」と「35歳以下」に多い、うつや双極性障害も、ケンブリッジ大学より

《医師監修》うつや双極性障害といった不安障害は、女性や35歳以下に多いという分析結果が報告されています。英国・ケンブリッジ大学のオリビア・レメスらがオンライン版のブレイン・アンド・ビヘイビア誌2016年6月5日号で報告しました。

女性に増えている過食症、効果がある治療法とは

《医師監修》 米国の団体の説明によると、過食症の治療はチームで行い、回復に向けさまざまなアドバイスやサポートを行うことが大切といいます。 ヘルプガイド・オーグ・インターナショナルという、公的な団体が詳しく説明しています。