読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪玉コレステロールを下げる治療薬「スタチン」以外にも選択肢はある。ハーバード大学の研究報告

《医師監修》非スタチン療法に可能性 現在、心臓病や高血圧の原因となる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を下げるための治療薬として「スタチン」が多く使われています。 しかし、スタチンを使用しない治療法「非スタチン療法」も同等の効果がある可…

50歳以下の心臓発作に注意。その後の死亡リスクが高くなる可能性

《医師監修》50歳以下の心臓発作に注意。その後の死亡リスクが高くなる可能性 50歳以下という比較的若い時期に「心臓発作」を起こした場合は注意が必要です。 死亡のリスクが、心臓発作の病歴がない人と比べて高くなる可能性がありそうです。 デンマークのオ…

自転車通勤で心臓を健康に保つ。デンマークとスウェーデンの研究から

《医師監修》自転車通勤で心臓を健康に保つ。デンマークとスウェーデンの研究から デンマークとスウェーデンの研究から デンマークとスウェーデンの研究グループの報告によると、車や電車、バスによる通勤方法を自転車通勤に変えると、「心臓病」のリスクが…

原始人が食べていたものは身体に良い?原始人をまねた食事法「パレオダイエット」は心臓や血管の病気を減らせるかもしれない

《医師監修》原始人が食べていたものは身体に良い?原始人をまねた食事法「パレオダイエット」は心臓や血管の病気を減らせるかもしれない 米国の研究グループの報告によると、食生活を「原始人の食事」とも呼ばれる「パレオダイエット」にして8週間続けると…

葉酸は、先天性の心臓の病気を減少させる効果がある

《医師監修》葉酸は、先天性の心臓の病気を減少させる効果がある カナダで600万人のデータを分析 カナダの研究グループの報告によると、ビタミンの一種である「葉酸」は、生まれつき起こる心臓の病気を防ぐ効果があると分かりました。 カナダ公衆衛生局の研…

アーモンドにより脂質が低下し心疾患を予防できる?

《医師監修》アーモンドにより脂質が低下し心疾患を予防できる? ナッツ類は健康に良い アーモンドなどのナッツ類はコレステロール値を下げる可能性があるようです。 カナダの研究グループの報告によると、空腹時の人にアーモンドを与えたときの脂質を調べた…

遅発性喘息は心臓病、脳卒中のリスクを増やす可能性

《医師監修》遅発性喘息は心臓病、脳卒中のリスクを増やす可能性 遅発性喘息を持つ人は心血管の病気リスクが57%高い 喘息(ぜんそく)には幾つかの異なるタイプがあります。 研究グループはその中で、成人になって発症し、子供の喘息よりも重症になる傾向が…

高齢者の心疾患には、定期的な運動が効果的

《医師監修》常々から体を動かすとよい アメリカの研究グループが3000人以上を対象に17年間調査をした結果、高齢者は定期的に運動をすることによって、心臓病による死亡リスクが減少するようだと分かりました。 ただし激しい運動は「心血管疾患」による死亡…

「オメガ3脂肪酸」が効果的。心臓発作後の心臓のダメージと機能を改善

《医師監修》「オメガ3脂肪酸」が効果的。心臓発作後の心臓のダメージと機能を改善 急性心筋梗塞の発作を起こした患者360人に対象に、6カ月間、オメガ3脂肪酸を毎日4g摂取させた結果、心筋のダメージが減少し、心臓機能も改善されると分かりました。 米国ブ…

運動の効果は生涯を通じて身体に影響。ドイツの男性800人を45年間追跡

《医師監修》運動の効果は生涯を通じて身体に影響。ドイツの男性800人を45年間追跡 運動で育んだ身体は、その後の健康に持続的効果があるそうです。 ドイツの中年男性を対象とした研究から、運動による健康への効果は明らかで、運動の効果は生涯続くことが分…

高齢になると座った生活になりがちだが、心肺持久力を鍛えると健康的に!

《医師監修》高齢になると座った生活になりがちだが、心肺持久力を鍛えると健康的に! 年を重ねると、座った生活になりがちとなるかもしれません。 ノルウェーの研究グループの報告によると、座っている時間が長い高齢者は、心肺持久力を鍛えていると、「心…

「2歳未満の子供は、食事に砂糖を加えない」。甘い物ばかりの食事は心臓病、肥満、高血圧、2型糖尿病発症の危険性

《医師監修》「2歳未満の子供は、食事に砂糖を加えない」。甘い物ばかりの食事は心臓病、肥満、高血圧、2型糖尿病発症の危険性 米国心臓協会の研究グループは、新しい研究結果から、子供の糖分摂取を減らすべきであるとしています。また、2歳未満の子供は、…