読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「歌」による母親と幼児のつながり、歌の良し悪しではなく、母親ならではのテンポやピッチに意味がある

《医師監修》人にとっての最初の音楽の記憶は、母親が歌う歌かもしれません。 赤ちゃんへの歌いかけはあらゆる文化で共通しています。赤ちゃんと目を合わせ声に耳を傾けるよりも、歌には幅広い効果が内在しているようです。 米国マイアミ大学の研究グループ…

男性の思春期と精子の関係 思春期はさまざまな成長過程に影響

《医師監修》デンマークの研究グループの報告によると男性における思春期の時期は、性と生殖の健康と深く関わっています。19歳の男性約1000人にアンケートによる思春期の時期と、精子の質やホルモンの関係を調査しました。 思春期が遅いと、精子の質が落ち、…

虐待や育児放棄と子供の非行には関連性がある。虐待経験者は14歳以下からの飲酒が2~3倍

《医師監修》子供時代の精神的に悪い経験はその後の子供の人生を変えてしまう可能性があります。 今回、子供時代の虐待や育児放棄を経験している人は、未成年で飲酒を始めているケースが多いという調査結果が分かりました。 米国のアメリカ疾病予防管理セン…

赤ちゃんの突然死を防ぐには、軟らかい寝具を避ける

《医師監修》米国小児科学会が安全な睡眠の対策を発表 米国小児科学会によると、生後12カ月までの健康な赤ちゃんが寝ている間に死亡してしまう「乳幼児突然死症候群」を防ぐことは、軟らかい寝具やソファを避け、赤ちゃんを仰向けに寝させることが大切だと報…

教師と生徒の関係が良いと、数年間にわたり問題行動が減る。スイスの子供1000人を調査

《医師監修》思春期初期(10歳~11歳)の子供の学校生活がその後に大きく影響を与えるようです。 10歳~11歳の子供たちが教師と良い関係を保つと、思いやりや協調性が育まれ、 反抗的な行動を起こさなくなることが、スイスの子供たち1000人以上の調査から分…

つい不健康なものを食べてしまう?食品コマーシャルは子供の好みに影響、脳の活動の研究から明らかに

《医師監修》米国の研究グループの報告によると、食品コマーシャルが脳に影響を与え、子供が食品を選ぶ決め手になっていると分かりました。 報告によると食品コマーシャルによって子供の食べ物の好みが変化し、食べ物を選ぶ時間も短くなっているようです。 …

午後8時以前に床に就く子は、10代の肥満リスクが少ない、9時以降だとリスクは2倍以上に

《医師監修》1991年に米国で誕生した約1000人の子供の、睡眠パターンが肥満リスクに与える影響について追跡調査が行われました。 午後8時以前に就寝していた子供は10代になってからの肥満は10%に過ぎなかったのに対し、9時以降に就寝していた子供では23%で…