読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婦人科

大豆を食べてきた人は、乳がんの抗がん剤「タモキシフェン」の効果が高まる可能性。ただし治療中に食べても効果は弱まる

《医師監修》乳がん発症前に長期間にわたって大豆を食べていると、タモキシフェンの効果を高めて、乳がんの再発も減らせる可能性があるようです。 逆に、発症してから治療中に食べると、薬の有効性を減らしてしまう可能性もあるようです。 ジョージタウン大…

「抗炎症作用」のある食事、骨粗しょう症の予防につながる。1万人の女性のデータを分析 

《医師監修》「抗炎症作用」の高い食事をしている人は、骨密度の減少が少なく、骨粗しょう症の予防につながることが分かりました。

乳細胞の密度が高いと、もう一方の乳房も乳がんになりやすい、発症リスクは2倍近い

《医師監修》マンモグラフィーによる検査に基づく検証結果より、乳細胞の密度の高い場合、密度の低い場合よりも、もう一方の乳房もがんになる「対側乳がん」(CBC)の可能性が2倍近く多くなると分かりました。

乳がんの原因遺伝子「HER2/ErbB2」とは。がん化の仕組みから治療までの最新情報【ハーバード大学医学大学院 齊藤康弘】

前回は乳がんの大部分に異常が認められるエストロゲン受容体(ER)について解説しました。 ホルモン受容体であるERの生物学的な機能を理解していただくと、ER陽性乳がんではホルモン療法といった治療が有効であるとご理解いただけると思います。 今回は、乳…

妊娠中にヘルペスに感染した母親、子どもが自閉症になるリスクが倍増、ノルウェーの長期研究から

《医師監修》母体の感染と自閉症のリスクの関連について調査した結果、妊娠中に母親が性器ヘルペスとして知られる単純ヘルペスウイルス2型に感染すると男の子が自閉症になるリスクが2倍になっていました。

子宮がんに対するがん免疫反応の解析【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

免疫療法によるがんの完全退縮 がんに対する免疫反応は、現時点で根治が可能な切り札として大きな注目が集まっているが、患者さんが、がんが発現するどの抗原に反応し、この時チェックポイントに関わるPD-1などの分子がどのように発現するのかなど詳しい解析…

乳がんの再発リスクが中位なら化学療法不要か?

《医師監修》早期乳がんで再発リスクが中位の人は化学療法不要の可能性があるようです。 米国テキサス大学の研究グループが、米国がん協会(ACS)の機関誌キャンサー誌で2017年2月15日に報告しました。

甘草(カンゾウ)に含まれる成分は、女性の生殖機能に影響する?

《医師監修》お茶やたばこの香料として使用しているリコリスの根や植物の甘草(カンゾウ)類に含まれる成分「イソリクイリチゲニン」を摂取すると、卵巣の成長を阻害する可能性があると分かりました。 卵巣の成長が阻害されると生殖機能に悪影響を及ぼし、「…

「甲状腺機能低下症」による妊娠への影響

《医師監修》「甲状腺機能低下症」と低体重児の出産や死産は関連する 妊娠12週~16週の1万3000人の女性を対象として、死産・未熟児の出産と甲状腺機能について調査した結果、 「甲状腺機能低下症」を治療した妊婦は低体重児の出産や死産の傾向が少ないと分か…

女性は、同じ相手と長く関係を続けていると性的欲望が低下する?

《医師監修》女性の性機能は経時的に変化し、パートナーとの関係性が大きく影響するという調査結果 英国の研究グループの報告によると、女性の性機能の7年後の変化を調べた研究で、同じ相手との長く関係を続けていると性的欲望が低下する可能性があると報告…

子宮頸がん、ウイルスは人の遺伝子に飛び込んでくる、妊娠、中絶回数と関連【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 子宮頸がん。「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウ…

更年期障害のホルモン療法、骨構造の改善は治療後にも2年以上続く

《医師監修》ホットフラッシュなどの更年期障害でホルモン療法を受けた女性は、骨密度だけなく骨の微細構造も改善されて、治療停止後、少なくとも2年は効果が続くと分かりました。 スイスのローザンヌ大学病院の研究グループが、米国内分泌学会(The Endocri…

成人の骨形成を促すたんぱく質「オステオレクチン」を発見、骨粗しょう症の治療につながる可能性

《医師監修》骨の形成を促すたんぱく質が見つかり、「オステオレクチン」と呼ぶことが提唱されました。骨粗しょう症の治療につながる可能性があります。

閉経と不眠は女性の加齢を早める。同年齢の女性より、2歳も老化が進む

《医師監修》不眠の症状のある女性は、不眠症状のない女性と比べ、年齢が同じでも生物学的には加齢が進んでいることが分かりました。 米国・カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究グループが、プロシーディングズ・オブ・ナショナルアカデミー・オブ・サイ…

更年期の女性に見られるホットフラッシュ(のぼせやほてり)と遺伝子変異の関連性を調査

《医師監修》更年期の女性の多くが経験するホットフラッシュ(のぼせやほてり)の症状が出ない人もいるようです。 この個人差に遺伝子が関連しているのではないかと考え、複数の関連遺伝子変異株を発見した研究を、米国のカリフォルニア大学ロサンゼルス校の…

免疫治療が卵巣がんに効果あり 免疫治療は化学療法に影響 

《医師監修》新たな研究報告によって、卵巣がんの化学療法を強めるような「免疫T細胞」が発見されました。 米国ミシガン大学医学部を含む研究グループが、生命科学分野の専門誌セル誌2016年5月19日号で報告しました。

生理前に性格が豹変する ─ 月経前不快気分障害(PMDD)とは

《医師監修》報告によると、月経前不快気分障害の原因はいまだ不明ですが、月経周期の正常なホルモン機能に対する脳の異常な反応が一因で、そのため神経伝達物質に異常が生じます。また月経前不快気分障害にはセロトニンの関与が知られることに。セロトニン…

閉経前後の「ホットフラッシュ」(寝汗)をはり治療で緩和、生活の質も改善し、効果は6カ月持続

《医師監修》閉経前後の「ホットフラッシュ」(寝汗)をはり治療で緩和、生活の質も改善し、効果は6カ月持続 研究グループの報告によると閉経前後の「ホットフラッシュ」は、はり治療で緩和できる可能性があるようです。しかも6カ月間、効果が継続すると分…

東久留米市で婦人科検診・診療が受けられる!おすすめの病院5選

悩まされる月経や女性の疾患、妊娠・出産など相談に最適な病院、クリニックを探してはいませんか?自宅や職場からアクセスしやすい所で、女性の医師がいて相談しやすい所や検査が充実している所などがいいですよね。今回は、東久留米市でおすすめの婦人科の…

京都府にある婦人科で19時以降も診療を行っているおすすめ7選!

京都府で評判の良い婦人科をご紹介!「いわたレディースクリニック」、「産科・婦人科 江川クリニック」、「新京都南病院」など、19時以降に受診できるおすすめ医院をまとめています。口コミも掲載しているので、ぜひ参考に利用ください!

東京都豊島区の東長崎駅周辺にあるおすすめの婦人科4選!

生理に関する相談や、更年期の相談など女性特有の不調に関する相談ができる婦人科を探していませんか?なかなか相談しにくい内容だし、できれば定期的に通院できる自分に合った婦人科を見つけたいですよね。今回は、東京都豊島区の東長崎駅周辺にあるおすす…

赤ワインの成分が「多嚢胞性卵巣症候群」という病気や糖尿病に効果がある

《医師監修》赤ワインの成分が「多嚢胞性卵巣症候群」という病気や糖尿病に効果がある レスベラトロールの効果 妊娠可能な女性の5%~10%がホルモン異常に悩まされています。 「多嚢胞性卵巣症候群」(PCOS)という病気は「ホルモン内分泌障害」で最も多い…