読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大腸がんの早期発見の可能性。リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸がん)を早期に発見する

《医師監修》大腸がんは米国で、 がんによる死因の第2位にあげられ、罹患率は第3位です。毎日約400人が大腸がんと診断を受けています。 オハイオ州立大学の研究グループの報告によると、大腸がんによる死亡を減らすための研究に取り組み、特に遺伝的要素の高…

内視鏡検査による大腸がん予防【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 大腸がん対策は高齢化社会の重要課題 男女合わせた数字で見ると、我が国で新たに発生するがんの第1位は大腸がんで、肺がんや胃がんを抜いている。また、他のがんと比べても…

大腸がんに新たな治療法。粘着性のパッチを活用

《医師監修》米国の研究グループの報告によると粘着性のパッチでがんを治療する方法の開発が行われています。「トリプルコンビネーション」といわれるこの治療は、「薬」「遺伝子」「光線療法」をがん細胞の部位に運び、手術後に腫瘍部位に残ったがん細胞を…

大腸がんへのかかりやすさは「腸内細菌」で変化する可能性、遺伝的な特徴と関係

《医師監修》大腸がんへのかかりやすさは「腸内細菌」で変化する可能性、遺伝的な特徴と関係 腸内細菌の影響で、大腸がんにかかりやすくなるといった可能性があるようです。 米国ミズーリ大学のスシール・ブシ氏らの研究グループが、7月13日から17日に米国・…

口内の細菌が大腸の腫瘍を悪化させる?新しい大腸がん予防法開発の可能性

《医師監修》口内の細菌が大腸の腫瘍を悪化させる?新しい大腸がん予防法開発の可能性 「フソバクテリウム」と呼ばれる口内の細菌が、大腸の腫瘍を増大させる可能性があるようです。 米国ハーバード公衆衛生大学院のウェンディ・ギャレット博士らがセル・ホ…