読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かゆみが伝染するのはなぜ?

《医師監修》他人が掻いているのを見かけると、つい自分も掻いてしまうのはなぜなのでしょうか? そのメカニズムが分かってきました。 ワシントン大学病院の研究グループが、サイエンス誌で2017年3月10日に発表しました。

早産再発予防薬「マケナ」は無効。妊娠糖尿病のリスクも

《医師監修》早産の再発リスクを軽減するとしてFDAが2011年に認可した合成ホルモン薬「17αカプロン酸ヒドロキシプロゲステロン」(製品名:マケナ)は、効果がない上、妊娠糖尿病のリスクを高める可能性があるようです。 米国テキサス大学サウスウェスタン医…

1日1回の投薬で、HIV感染予防対策に効果

《医師監修》ヒトからヒトへのHIV感染の拡大を緩めるために、感染リスクが高い人に、1日1回の投薬を行うという有望な方法があります。 9つのポイントに注目して、感染予防を確実にするできそうです。 米国・ブラウン大学の研究グループが、エイズ誌2017年2月…

うつ病の原因に分子レベルで迫る、ある種のたんぱく質が関わる?

《医師監修》うつ病の原因として、ある種のたんぱく質が関与していることが新たに発見されたようです。 うつ病が認知障害につながってくる ミラノ大学を含む研究グループが、米国化学会の発行するACSケミカルニューロサイエンス誌2017年2月号で報告しました…

「認知機能テスト」は有望なサッカー選手の発掘に役立つ、ワーキングメモリーがプレーに関連

《医師監修》子供のワーキングメモリーや認知機能を調べることで、その子供がサッカーでどの程度成功するかが分かる可能性があるようです。

脳腫瘍の手術を短くする新技術、レーザー光を使って手術室内の検査を実現

《医師監修》脳腫瘍の手術時間を短縮する可能性のある新技術が開発されたようです。 米国ミシガン大学医科大学院を含む研究グループが、ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリング誌で2017年2月6日に報告しました。有力科学誌ネイチャーの関連誌として…

電子たばこは喫煙者を増やすだけ? 火を付ける従来のたばことは無関係か

《医師監修》電子たばこには、若い人の喫煙を減らす効果はなさそうだと伝えられています。 さらに従来のたばことの関連性も希薄である可能性が出てきました。 米国カリフォルニア大学の研究グループが、ペディアトリクス誌オンライン版で2017年1月23日に発表…

炎症を抑える絆創膏【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 新しい発想の絆創膏 縫合することが難しい褥瘡(じょくそう)など炎症性の傷口の対しては、何世紀もガーゼの様な布で傷口からの浸出液を吸収する他に方法はなかった。とこ…

脳への電流刺激で短期作業記憶が向上

《医師監修》脳損傷の治療にも応用可能か 「経頭蓋交流電流刺激」(TACS)という方法を使い、低電圧の電流で脳波をシンクロさせるように刺激すると、短期作業記憶が向上することが明らかになりました。 英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンなど合同研究…

「抗炎症作用」のある食事、骨粗しょう症の予防につながる。1万人の女性のデータを分析 

《医師監修》「抗炎症作用」の高い食事をしている人は、骨密度の減少が少なく、骨粗しょう症の予防につながることが分かりました。

乳細胞の密度が高いと、もう一方の乳房も乳がんになりやすい、発症リスクは2倍近い

《医師監修》マンモグラフィーによる検査に基づく検証結果より、乳細胞の密度の高い場合、密度の低い場合よりも、もう一方の乳房もがんになる「対側乳がん」(CBC)の可能性が2倍近く多くなると分かりました。

早産には、膣や子宮頸部の細菌が関係あり 善玉菌を増やすと早産予防に?

《医師監修》1500人の妊婦から、妊娠第16~18週、20~24週、24~28週の3つの時期に子宮頸部と膣の微生物を採取し、調査しました。 その結果、ある種の細菌が早産のリスクと関係があることが分かりました。 一方で、ビフィズス菌や乳酸菌はむしろ良い効果があ…

宇宙放射線に晒されると白血病発症リスクが高まる

《医師監修》米国の研究グループが、人の幹細胞を移植したネズミを使って宇宙放射線の人体への影響について報告しました。 その報告では、宇宙放射線(宇宙空間を飛び交う高エネルギーの放射線)に晒されると、白血病のリスクが高くなる可能性があるそうです…

「扁桃摘出」は子供の喉の問題に有効?感染症では「短期的な効果」、一方で睡眠時無呼吸症には「良好」

《医師監修》扁桃腺を切除する「扁桃摘出」は、喉の扁桃炎を繰り返したり、睡眠時無呼吸症があったりする場合に、子供でも行われることがあります。 その効果について、感染症については短期的にとどまる一方で、睡眠時無呼吸症には良好であるという分析結果…

血糖値を下げる「インスリン」の効果を高める工夫を探る。コンピューターのシミュレーションで最適な方法を検討

《医師監修》血糖値を下げるホルモンであるインスリンの前駆体(複合体)に工夫をすることで、インスリンの働きを高めることが可能です。このたびコンピューターによるシミュレーションで最適な改良を突き止められそうだと分かりました。

乳がんの原因遺伝子「HER2/ErbB2」とは。がん化の仕組みから治療までの最新情報【ハーバード大学医学大学院 齊藤康弘】

前回は乳がんの大部分に異常が認められるエストロゲン受容体(ER)について解説しました。 ホルモン受容体であるERの生物学的な機能を理解していただくと、ER陽性乳がんではホルモン療法といった治療が有効であるとご理解いただけると思います。 今回は、乳…

社会的なネットワーク多いと50歳での認知機能が高い。17000人の追跡調査データを分析

《医師監修》英国の大規模コホート追跡研究の結果 市民グループに多く参加するような社会的なネットワークの多い人は、50歳時点での認知機能が高い傾向があるようです。 長期間にわたる追跡調査のデータを分析した結果から分かりました。

睡眠を測るウエアラブル・デバイスが睡眠障害を助長。正しく判定できないケースとは

《医師監修》睡眠を測るウエアラブル・デバイスは、かえって睡眠障害を助長することもあり得るようです。 米国ラッシュ大学とノースウエスタン大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・クリニカル・スリープ・メディシン誌で、2017年2月15日に報告しました。

女性器の整形、吸引した脂肪で「フェイスリフト」や「豊胸」も、美容整形の最新の統計とトレンド

《医師監修》米国における2016年の美容整形は3%増加し、美容整形手術と最小侵襲整形の件数は合計で1700万件以上に上りました。 新しい整形のトレンドが、「フェイスリフト」と「脂肪」にあることが明らか。 米国形成外科学会が、2016年の美容整形と最小侵襲…

妊娠中にヘルペスに感染した母親、子どもが自閉症になるリスクが倍増、ノルウェーの長期研究から

《医師監修》母体の感染と自閉症のリスクの関連について調査した結果、妊娠中に母親が性器ヘルペスとして知られる単純ヘルペスウイルス2型に感染すると男の子が自閉症になるリスクが2倍になっていました。

PTSDや行動障害の10歳代の若者は他人の表情をうまく読み取れない。 つまり、怒りの表情を恐怖に、悲しみを怒りにと誤解したりする。

《医師監修》心的外傷後ストレス障害(PTSD)のある子どもたちは、怒りを恐怖だと間違って解釈する傾向があり、行動障害のある子どもたちは、悲しみの表情をきちんと認識できていませんでした。 米国ニューヨーク大学の研究者を中心とする研究グループが、チ…

「避妊用ピルを使うと性欲が落ちるのか?」、避妊用ピルの種類による影響を評価

《医師監修》薬の種類よりも相手の男性との関係の方が影響は大きい。避妊用のピルのせいで女性の性欲が低くなると一般に考えられることがあります。しかし、このたび男女の集団を対象とした研究から、ピルが性欲に与える影響を、2種類の調査で調べた結果、ピ…

「サウナ風呂」が認知症予防に良さそう。フィンランドの男性2000人以上を対象とした20年以上の追跡調査

《医師監修》週に4回以上サウナ風呂に入る人は、週に1回しか入らない人に比べて、認知症やアルツハイマー病になるリスクが60%以上少ないことが分かりました。東フィンランド大学の研究グループが、エイジ・アンド・エイジング誌で、2016年12月7日に報告しま…

腰痛は「うつ病」や「精神疾患」などの心の病に関連する、途上国43カ国19万人以上のデータ分析結果

《医師監修》途上国43カ国19万人以上のデータを分析した研究の結果、腰痛は、うつ病や精神疾患などの心の病に関連すると分かりました。 英国キングス・カレッジ・ロンドンを含む研究グループが、精神医学分野の専門誌ジェネラル・ホスピタル・サイカイアトリ…

白人の研究でアルコールがメラノーマのリスクを高くするとの報告、白ワインは1日1杯でリスクが13%高く

《医師監修》大規模コホート研究のデータ分析結果 3つの疫学研究のデータを分析した結果、白人においてはアルコール、特に白ワインを飲むことでメラノーマ(悪性黒色腫)のリスクが高まると分かりました。

パーキンソン病に腸内細菌叢が関与の可能性

《医師監修》末梢神経系の70%が腸にある 米国カリフォルニア工科大学を含む研究グループが、生命科学分野の国際誌であるセル誌2016年12月1日号で報告しました。

老化による慢性炎症への腸内細菌の貢献【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 炎症と腸内細菌叢 転写因子NFkBをハブにした炎症メカニズムは、実際には炎症だけでなく、というより炎症より前にシグナル依存的な形態形成のメカニズムとして発生してきて…

なぜ心臓内に血液が充満するのか?「液圧力」に注目すると、心不全の新治療へ

《医師監修》なぜ心臓内に血液が充満するのか?「液圧力」に注目すると、心不全の新治療へ

夜間の仕事で疲労を感じる人は遺伝子変異が関係しているのかもしれない

《医師監修》夜間の仕事など、不規則な生活で疲れが出やすい人と疲れがでない人の違いには、「メラトニン受容体」を減らす遺伝子変異が影響している可能性があるようです。 フィンランドのヘルシンキ大学を含む研究グループが、睡眠研究学会(SRS)が発行す…

毎日20本のたばこを吸うと、1年で150個の肺細胞遺伝子が変異する

《医師監修》遺伝子の突然変異は、蓄積すると、がんになりやすいと言われています。 たばこを吸う人と吸わない人の腫瘍でDNA解析をした結果、毎日20本のたばこを吸うと1年間で平均150個も肺細胞の遺伝子が変異すると分かりました。 アメリカのロスアラモス国…

電子たばこで、普通のたばこの喫煙者が増えてしまうかもしれない

《医師監修》米国の高校1年生3000人を対象に、電子たばこと普通のたばこの喫煙の関連について調査した結果、電子たばこの使用頻度に比例して、普通のたばこの喫煙率が上昇していることが分かりました。 米国の南カリフォルニア大学の研究グループが、JAMA誌…

大腸がんの早期発見の可能性。リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸がん)を早期に発見する

《医師監修》大腸がんは米国で、 がんによる死因の第2位にあげられ、罹患率は第3位です。毎日約400人が大腸がんと診断を受けています。 オハイオ州立大学の研究グループの報告によると、大腸がんによる死亡を減らすための研究に取り組み、特に遺伝的要素の高…

がんの原因は「運が悪かったから」とする主張を否定。がんにはそれぞれの原因があるとする主張を発表

《医師監修》がんの原因をランダムなDNAの突然変異とする主張を否定 昨年、物議をかもした発表がみられました。がんの主な原因は、生活から来るものではなく、成体幹細胞においてランダムに発生するDNAの突然変異という「不運」によるものであるというもので…

耳に当てる時間が長いほど影響は大きい!?携帯電話は耳下腺腫瘍に影響があるかも

《医師監修》携帯電話から放出される熱や電磁波の放射によって、長時間、携帯電話で通話をする人は唾液分泌量が増加し、耳下腺に腫瘍ができてしまう可能性があるようです。 インドのVSPM歯科大学研究センターの研究者らが、耳の医療分野の専門誌である、「オ…

脳細胞の死を抑止する薬の開発につながる可能性!?

《医師監修》「脳卒中」や「アルツハイマー病」「パーキンソン病」のような「神経変性疾患」は、特殊な脳細胞死が見られます。 今回、アメリカの研究グループの研究から、細胞のDNAを分断し、細胞死に導くたんぱく質を新たに発見しました。今後、脳の細胞死…

統合失調症の症状が有酸素運動で改善。肉体の改善につながる運動プログラムは精神状態にも効く

《医師監修》有酸素運動が統合失調症の認知機能に関わる症状の治療に役立つと分かりました。 英国、マンチェスター大学の研究グループが、シゾフレニア・ブルティン誌2016年8月号で報告しているものです。

乳がんの原因遺伝子「エストロゲン受容体」とは?アメリカのボストンから【ハーバード大学医学大学院 齊藤康弘】

前稿では乳がんの分類を簡単に説明いたしました。乳がんではいくつかの特徴的な遺伝子に異常が認められ、それに基づき大まかな分類がなされています。今回はルミナル型にみられ、乳がんの大部分に異常が認められる「エストロゲン受容体」について説明してい…

新しい病気「バグパイプ肺」、管楽器奏者が過敏性肺炎で亡くなる。楽器は、カビや菌が繁殖しないように、常に清潔に

《医師監修》英国の研究グループの報告によると毎日演奏していたバグパイプに繁殖したカビや細菌が原因で61歳の男性が亡くなったと分かりました。 英国サウスマンチェスター大学病院(UHSM)の臨床医グループが、ソーラックス誌のオンライン版で、2016年8月2…

「プレバイオティクス」が睡眠を改善、善玉の腸内細菌を増やして、ストレスも和らげる

《医師監修》腸内善玉菌の「プロバイオティクス」を増やすオリゴ糖や食物繊維などを食べ物に取り入れる「プレバイオティクス」は日本でもよく知られるようになりました。 その実践により睡眠の改善やストレスによる悪影響を緩和する可能性があると分かりまし…

ビタミンCによるがん治療、がんに特異的な効果があることを納得【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 大量のビタミンC投与でがんを治療 ビタミンCはその強い還元能力で体の活性酸素を抑えて、細胞を守ることで、老化を防止し、美容やがんの発生に役にたつと思っている人は多…

早産だと発達障害になりやすい?変化は胎内の左脳で既に始まっている可能性

《医師監修》胎児の脳の「安静時fMRI検査」により、早産になる胎児は左脳の神経活動が弱いことが分かり、神経発達障害は胎内ですでに始まっている可能性があるようです。 米国ウェイン州立大学を含む研究グループが、総合科学誌ネイチャーのオープンアクセス…

低用量のアスピリン服用ががんを予防する。がん細胞増殖を助長する血小板を阻害

《医師監修》がん患者が増え続け、がんの予防が大きな課題となっています。低用量のアスピリン服用が、血液内の血小板の働きを抑え、がんを予防する効果があると、米国、オレゴン健康科学大学とオレゴン大学の合同研究グループが、AJP-セル・フィジオロジー…

鎮痛薬の長期服用で、難聴のリスクあり? 長期間の使用に注意

《医師監修》女性の場合、「アセトアミノフェン」や「イブプロフェン」などの非ステロイド系の抗炎症薬を長期間(6年以上)使用すると、難聴になる可能性があるようです。 米国のハーバードメディカルスクールの研究グループが、アメリカン・ジャーナル・オ…

尿中のたんぱく質と認知症は関連あり?脳と腎臓の機能はリスク要因が同じ

《医師監修》尿中にたんぱく質が検出されると、腎臓の機能(以下、腎機能と表記)に問題がある場合がありますが、これは同時に認知機能へのリスク要因にもなるようです。 オランダ、マーストリヒト大学の研究グループが、米国神経学会の機関誌であるニューロ…

子供に多い急性リンパ性白血病には断食が効果的?がん細胞が消失との研究報告

《医師監修》定期的な断食が、「急性リンパ性白血病」という、子どもに多い白血病の治療として効果があるようです。 テキサス・サウスウェスタン・メディカルセンターの研究グループが、ネイチャー・メディスン誌2016年12月号で報告しました。

アルツハイマー病治療の新しい方法に?金属を含む薬剤が効果を示す可能性

《医師監修》アルツハイマー病で蓄積するたんぱく質である「アミロイドβ」を切断する、はさみのような役割を持つ、金属を含む薬剤が見つかりました。 韓国のウルサン科学技術大学校研究グループが、米国化学学会の機関誌であるジャーナル・オブ・アメリカン…

オーストラリアでは3人に1人が香り付きの製品で健康被害

《医師監修》洗濯・掃除用品やパーソナルケア製品で頭痛や喘息に 研究グループの報告によると、オーストラリアでは3人に1人(33%)が、香り付きの洗濯・掃除用品やパーソナルケア製品、エアフレッシュナーなどで、呼吸困難や頭痛、めまい、吐き気、喘息など…

喫煙は肺の「自己修復」を阻害している可能性、慢性閉塞性肺疾患(COPD)につながる

《医師監修》たばこの煙には、肺の「自己修復」を阻害する効果があるようです。 結果として、呼吸に障害を起こす「慢性閉塞性肺疾患」(COPD)につながります。 ドイツ、ヘルムホルツセンタ・ミュンヘンの研究グループが、呼吸器分野の有力医学誌であるアメ…

デスクワークは心臓とウエストに良くない、「1日10kmほど歩く」または「1日7時間を立って過ごす」で心臓病を予防

《医師監修》座って行うことが多い仕事は、腹囲が大きくなり、心臓病のリスクが高くなるようです。 逆に、心臓病のリスクのない人は、1日に10kmほど歩いたり、または1日に7時間を立って過ごしたりしていると分かりました。 英国ウォーリック大学の研究グルー…

住環境がうつ病を防ぐ、「午後に鳥の数が多いこと」「住居の周囲に緑(草木)が多いこと」が重要

《医師監修》様々な背景の270人で精神衛生上の健康について調べた研究の結果、都会でも郊外でも、午後に鳥の数が多く、住居の周囲に緑(草木)が多いと、うつ病/不安感やストレスが低いと分かりました。 草木や鳥を目にする機会の多い住環境が精神衛生上、…