読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前立腺がんのホルモン療法は認知症のリスクを上げる アンドロゲン除去療法と認知症との関係

《医師監修》アンドロゲン除去療法」(ADT)という治療を行った「前立腺がん」の男性は、「記憶障害」のリスクが高くなると分かりました。 スタンフォード大学の研究グループがJAMAオンコロジー誌オンライン版で2016年10月13日に発表しました。

高リスクの前立腺がんでも、全摘出手術や放射線で死亡率が半減

《医師監修》80歳以上で高リスクの前立腺がん患者について、放射線や全摘出手術、死亡率を640施設で調査しました。 報告によると、前立腺がんは手術を含めた積極的な治療で、完治する可能性がありました。 スウェーデンの研究グループが、ヨーロピアン・ニュ…