読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結核は自己免疫疾患による症状の可能性がある

《医師監修》結核は自己免疫疾患による症状の可能性がある 免疫細胞は結核菌を問題ないものとして見誤る イギリスの研究グループの報告によると、結核の発症や感染過程などの研究を調べた結果、結核は免疫細胞が結核菌を問題ないものとして見誤り肺細胞を傷…

HIVに対抗する「広域中和抗体」を体内で作り出す人の特徴を解明。ワクチンに取り入れてHIV予防に活用

《医師監修》HIVに対抗する「広域中和抗体」を体内で作り出す人の特徴を解明。ワクチンに取り入れてHIV予防に活用 HIV(後天性免疫不全症候群)に感染している人の中には、複数のHIV株を抑制できる強力な「広域中和抗体」を自然に体内生成する人がいます。 …

サルの序列と免疫力【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 「免疫力」は魔法ではない 多くの免疫学者がその解明のために日夜努力している極めて複雑な免疫システムを、免疫力という一言で片付けて、あとは生活上の習慣やストレスと…

HIVワクチン開発に向けて一歩前進。HIVの広域中和抗体に注目

《医師監修》HIVワクチン開発に向けて一歩前進。HIVの広域中和抗体に注目 HIVウイルスは、体の免疫作用から攻撃を受けるとウイルスの形を変え、免疫作用をうまく避けながら細胞内に感染するため、治療が困難な病気です。 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染…

がん細胞は免疫機能を悪用して転移、撮影成功、好中球が放出するDNAを栄養として移動

《医師監修》がん細胞は免疫機能を悪用して転移、撮影成功、好中球が放出するDNAを栄養として移動 がん細胞は好中球を利用して転移する 「好中球」は白血球の一種で、体内に細菌などの異物が入り込むと、クモの巣のような物で細菌を捕まえ、殺菌する働きをし…

タトゥーによって、風邪などの感染を撃退できる可能性あり

《医師監修》複数のタトゥーをすると免疫力が高まるかも 複数のタトゥーをすると免疫力が高まるかも タトゥーを入れると、最初は免疫グロブリンのレベルが下がるが、複数のタトゥーを入れると、一旦下がった免疫力が、タトゥーを入れる際の痛みによるストレ…