読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳の信号が腸の「免疫」に影響を及ぼす可能性。抗精神病薬による免疫増強も

《医師監修》腸と脳は神経回路を通じて密接につながっています。このような腸と脳などの神経の連結が免疫の働きにおいても重要な役割を果たすことが分かりました。 米国、デューク大学の研究グループが、カレントバイオロジー誌2016年8月号で報告しているも…

腸内細菌叢:木を見るのか森を見るのか【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 個別に見て意味があるか 腸内細菌叢に関する論文は相変わらずトップジャーナルを賑わせている。この賑わいを支えるのが、無菌マウスの開発、次世代シークエンサーによる細…

1型糖尿病の予防に「アンタゴミール」という薬が有望

《医師監修》1型糖尿病の予防に「アンタゴミール」という薬が有望 免疫の信号をブロックすることで、免疫の「インスリン」への攻撃を防ぐ 免疫の信号をブロックすることで、免疫の「インスリン」への攻撃を防ぐ ドイツの研究グループの報告によると、「アン…

腸内の善玉菌が脊髄損傷の回復を促進する効果。「プロバイオティクス」、免疫細胞を活性化させる

《医師監修》腸内の善玉菌が脊髄損傷の回復を促進する効果。「プロバイオティクス」、免疫細胞を活性化させる。米国の研究グループの報告によると「プロバイオティクス」(腸内有益菌)が脊髄損傷の回復を助ける効果があると分かりました。