読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べるとやせる腸内細菌「クリステンセネラセエ」【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 腸内細菌の集まりの研究が急速な広がりを見せていると最近…

ヨーグルトを食べてがんの転移診断?肝臓に潜入した微生物が知らせてくれる【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 「プロバイオティクス」と言うと、私たちの体を助けてくれ…

スポーツ選手の脳震盪、血中たんぱく質濃度で回復に遅れ。無理をすれば脳機能に影響する可能性

《医師監修》スポーツの衝突などで起こる「脳震盪」(のうしんとう)では、発生から6時間後の血中タウたんぱく質濃度が高いと脳の回復が遅いことが分かりました。 スポーツを再開する際の判断する補助的マーカーとして利用できる可能性があります。 米国立衛…

子供に多い急性リンパ性白血病には断食が効果的?がん細胞が消失との研究報告

《医師監修》定期的な断食が、「急性リンパ性白血病」という、子どもに多い白血病の治療として効果があるようです。 テキサス・サウスウェスタン・メディカルセンターの研究グループが、ネイチャー・メディスン誌2016年12月号で報告しました。

セックスをすると仕事に意欲的になる

《医師監修》しかし、仕事関係のストレスを家庭に持ち込むと性生活の妨げになる ##本文 既婚従業員を対象とする調査研究の結果、家庭での性生活は翌日の仕事に積極的に取り組むことができ、仕事に対する満足感と意欲をもたらすと分かりました。また、家庭…

新生児はごくありふれたウイルスで、急性リンパ性白血病になりやすくなる可能性

《医師監修》ごくありふれたウイルス「先天性サイトメガロウイルス」が新生児の「急性リンパ性白血病」の発症リスクに関わっているようです。 米国カリフォルニア大学バークレー校を含む研究グループが、米国血液学会(APSS)が発行するブラッド誌で2016年12…

運動が認知症発症リスクを下げる。認知症関連遺伝子がない場合に限定

《医師監修》カナダの研究グループの報告によると、座っている時間が長い高齢者は、認知症を発症する可能性が上がると分かりました。マックマスター大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディズィーズ誌2017年1月号で報告しました。

「栄養士指導による菜食」は栄養豊富で健康的。米国栄養・食事療法学会(AND)が方針説明を改訂

《医師監修》栄養士の指導による菜食は、妊婦、乳幼児、運動選手を含むあらゆる年齢の人にとって健康的かつ栄養豊富になると、米国栄養・食事療法学会(AND)から説明されています。 しかも、特定の病気を予防したり、治療したりする効果につながる可能性も…

腸内細菌叢が免疫チェックポイント阻害薬の効果に関係、メラノーマの治療効果に差を確認

《医師監修》転移性のメラノーマ(悪性黒色腫)の患者が有する「腸内細菌叢(そう)」の分析から、免疫チェックポイント阻害薬に反応する人は腸内細菌叢の多様性が高いと分かりました。 米国ジョージア工科大学を含む研究グループが、米国臨床腫瘍学会(ASCO…

ナッツや海産物などの植物性たんぱく質が慢性的な体の痛みを防ぐ

《医師監修》20~78歳の健康な男女98人のデータを分析した結果、ナッツや海産物などの植物性たんぱく質を多く取ると、体重に関連した体の痛みを防ぐ効果が期待できると分かりました。 米国オハイオ州立大学の研究グループが、国際疼痛学会(IASP)の機関誌ペ…

人工甘味料を含む飲料が「ダイエット」に有効という証拠はない?健康への影響と現在までの証拠を要約

《医師監修》研究グループの報告によると、人工甘味料飲料の健康影響に関する証拠を検討し、砂糖不使用のダイエットドリンクは、減量や体重増加の予防にとって加糖飲料より優れているという確かな証拠はなかったと伝えています。ブラジルのペロタス連邦大学…

野菜・果物の健康効果、1日800gの摂取がおすすめ

《医師監修》野菜や果物を多く取ることで、世界中で数百万人の短命の人が少なくなるようです。 を防ぐことができるようです。 このたび1日800g程度がおすすめと確認されています。 英国インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究グループが、95件の研究論文を…

コーヒーを飲む人はなぜ長生きなのか?カフェインの代謝物が血管の炎症を抑える 

《医師監修》最近、数多くの研究が、コーヒーを飲む人は長生きであると伝えています。 米国の研究グループの報告によると、コーヒーを飲むと長生きの基となるメカニズムの発見になると伝えています。 心血管疾患の発症を誘起する可能性のある炎症過程の発見…

ダイエットの成功とツイッターの内容には関連性、成否を77%の確率で予測

《医師監修》ツイッター(Twitter)とカロリー計算ソフトを利用している700人以上のデータを分析したところ、ダイエットに成功するかどうかは、その人がツイッターに使う言葉から77%の確率で予測できると分かりました。 米国ジョージア工科大学を含む研究グ…

適度な飲酒は高齢者の健康に良い可能性

《医師監修》循環器系疾患のリスクや炎症を抑える 研究グループの報告によると、高齢者の適度な飲酒は、健康に効果があると分かりました。米国エイジング研究所の研究グループが、英国老年医学会の機関誌であるエイジ・アンド・エイジング誌2016年8月号で報…

高齢者の運動は脳の血流と関連あり

《医師監修》米国の研究グループの報告によると、よく運動する健康な高齢者が10日間運動をやめただけで、思考や記憶に重要な脳の領域(海馬)などの血流が低下することがわかりました。メリーランド大学の研究グループが、フロンティアズ・イン・エイジング…

中程度の飲酒に不整脈のリスクあり、適度な飲酒は体に良いとの認識に警告

《医師監修》大量の飲酒は健康に有害であると考えられています。一方で、少量であれば、心臓を病気から守る働きがあると考えられています。新たな研究結果によると、中程度の飲酒や習慣的な飲酒についても、心臓への保護効果はないとの結果となりました。

エチオピア長距離ランナーの速い理由【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2015年のコラムをご紹介しています。 私たちの世代はエチオピアというとローマ、東京と…

人間はにおいをどのように感じるのか?ピーナッツバターを嫌ほど食べさせる研究【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2014年のコラムをご紹介しています。 においの基本は、化学物質と鼻の中の「嗅覚受容…

ネズミも泥酔するまでお酒を飲むことはない?食事量を減らし全体的なカロリー摂取量を調節する

《医師監修》新社会人、新生活になると何かとお酒を飲む機会が増えてきます。 大型のネズミ(ラット)による実験の結果、ネズミもほろ酔い程度までは自発的にお酒を飲むが、泥酔するまでは飲まないこと、また、飲んだ分だけ食事の量が減り、全体的な摂取カロ…

妊娠中に魚油をとると、子供のぜんそくのリスクを下げる、オメガ3脂肪酸の健康効果

《医師監修》オメガ3脂肪酸は、多価不飽和脂肪の一つで、魚や亜麻仁などの食べ物に多く含まれています。 従来の報告によると、魚を多くとると、循環器系の病気のリスク、認知機能の低下リスクを下げる効果があると分かってきています。妊娠している女性が200…

食物繊維が健康にいい理由【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2014年のコラムをご紹介しています。 経験的に分かっていても理屈が分からないことは多…

妊娠中の不健康な食生活は子供の「注意欠如・多動症」(ADHD)に影響する可能性

《医師監修》妊娠している間に不健康な食事を取っていると、生まれてくる子供が幼少期に「注意欠如・多動症」(ADHD)の症状を発症しやすくなるようです。 ロンドン大学キングスカレッジのエドワード・バーカー氏らが、ジャーナル・オブ・チャイルド・サイコ…

王になると魚より肉を多く食べる、2013年発掘リチャード3世の遺体で判明【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2015年のコラムをご紹介しています。 歴史の多くは書かれた文書の断片を集めて再構成さ…

ナッツの健康効果、心臓病や脳卒中などに効果あり

《医師監修》ナッツは繊維成分が豊富で、飽和脂肪が少なく、抗酸化作用の高い食品として知られています。今回の研究で、ナッツの健康への効果は、私たちが考えている以上にあるかもしれないと分かってきました。

1時間~2時間程度の睡眠時間の不足で、衝突事故のリスクが2倍に、飲酒運転と同程度のリスクあり

《医師監修》睡眠時間が1時間~2時間短くなると、自動車の運転による衝突のリスクが2倍になります。さらに、7時間の睡眠時間をとっている人に比べ、2時間~3時間睡眠時間が短くなると、衝突のリスクは4倍になります。 研究報告によると、4時間から5時間の睡…

ダイエットソーダは逆に太るかもしれない。代替甘味料が、メタボを防ぐ腸内酵素の作用を阻害

《医師監修》砂糖の代替甘味料として多用されている「アスパルテーム」は、メタボリックシンドロームを防ぐ酵素「腸アルカリフォスファターゼ(IAP)」の作用を阻害することで体重減少効果を妨げていると分かりました。 米国ハーバード大学医学大学院マサチ…

紫キャベツが心血管リスクを低減? 肥満マウスで体重増加の抑制と脂質代謝の改善あり

《医師監修》野菜の摂取が健康に良い、という話はよく聞きますが、特に成長過程の野菜に 多く栄養素があることが分かりました。 紫キャベツの若葉が心疾患や肥満の予防に効果があるという報告があります。

1日1時間のヨガで血圧が下がる、インドの研究報告

《医師監修》新しい研究から、1日に1時間ヨガを行うことで、血圧を下げられると分かりました。高血圧一歩手前の状態から高血圧への進行を予防できることも分かりました。

砂糖をステビアにすると血糖値改善。マフィンの出来上がりは変わらず

《医師監修》マフィンに含まれる砂糖の半分をステビアやイヌリンといった天然の植物から取った甘味料に替えると健康に良いようです。 マフィンの出来上がりは変えずに、血糖値を下げるような効果につながるようです。 ニュージーランド・リンカーン大学の研…

勃起不全(ED)の治療には、運動が効果的。男性500人の研究から

《医師監修》運動で改善する健康問題は多く発見されていますが、勃起不全の改善についても同じことが言えるようです。 勃起不全の改善には、運動が効果的であるようです。 米国、ミネソタ州ロチェスターを拠点に展開する総合病院、メイヨ―クリニックの研究グ…

長生きには、友達よりも家族との関係が大切。関係の良し悪しにかかわらず、結婚している人は長生き

《医師監修》高齢者の実態を調べた研究で、家族を身近な存在として感じている人は、そう感じない人よりも、5年以内の死亡リスクが低いと明らかになりました。 カナダ・トロント大学の研究グループが、シアトルで開催された第111回米国社会学会年次総会で、20…

カルシウムサプリメントには要注意!脳血管障害や脳卒中の既往歴がある高齢女性では認知症のリスクを増大させる可能性あり。

《医師監修》スウェーデンの研究グループの報告によると、年配の女性がカルシウムサプリメントを服用すると「認知症」の発症率が高くなる可能性があると報告しています。 スウェーデンにあるグーテンベルク大学のSケルン氏らがニューロロジー誌で8月17日に発…

アルコールが乳がん発症遺伝子の引き金に。乳がん治療薬「タモキシフェン」の効果が弱まる。

≪医師監修≫アルコールの摂取は、乳がんを成長させるエストロゲンの作用を強化し、発がん性の遺伝子BRAFの発現を促進し、乳がんのリスクを増加させる可能性があります。米国ヒューストン大学の研究グループが世界的なオンライン科学誌プロス・ワン誌で報告し…

ランニングで脳の神経細胞の修復を促す。「神経変性症」の治療に有効か

《医師監修》ランニングで脳の神経細胞の修復を促す。「神経変性症」の治療に有効か カナダの研究グループの報告によると、ランニングは脳にある「小脳」の病気の治療に有効だとネズミを使った実験で分かりました。 カナダのオタワ病院とオタワ大学の研究グ…

肥満税を考える【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 医療費の高騰を抑える施策 人口の高齢化に伴って医療費の高騰に直面しているのは我が国だけではない。また、いかなる医療制度下でも、この問題の解決には国家的な疾患予防…

「60秒で健康」短時間の激しい運動が健康を増進する。5分の1の時間で同じ効果

《医師監修》「スプリント・インターバル・トレーニング(SIT)」とは? 研究グループが注目したのは、「スプリント・インターバル・トレーニング(SIT)」と呼ばれるトレーニングです。 このトレーニングは、激しい運動と緩やかな運動を、交互に繰り返す方…

トラウマ症状やストレスの治療に「瞑想」が役立つ。約半数の被験者の症状が軽減

《医師監修》トラウマ症状やストレスの治療に「瞑想」が役立つ。約半数の被験者の症状が軽減 人にはさまざまなトラウマがあり、日々苦しめられている人もたくさんいます。 アメリカの研究グループの報告によると、トラウマのリスクが高いと思われる囚人男性…

トレーニングは継続的に行うとDNAレベルで変化が見られる。

《医師監修》トレーニングの効果はどれくらい維持される? 遺伝子レベルの検証をしたところ、トレーニングに取り組むと、新しく遺伝子の転写が起きていると分かりました。 ただし、継続的に行わないと、この遺伝子の転写は元に戻ってしまうようです。 スウェ…

閉経前後の「ホットフラッシュ」(寝汗)をはり治療で緩和、生活の質も改善し、効果は6カ月持続

《医師監修》閉経前後の「ホットフラッシュ」(寝汗)をはり治療で緩和、生活の質も改善し、効果は6カ月持続 研究グループの報告によると閉経前後の「ホットフラッシュ」は、はり治療で緩和できる可能性があるようです。しかも6カ月間、効果が継続すると分…

エクササイズをしても多発性硬化症は予防できない。ハーバード大学が研究報告

《医師監修》エクササイズをしても多発性硬化症は予防できない。ハーバード大学が研究報告 既に発症している人には有効かも知れないが… 「多発性硬化症」(MS)は継続的に再発と「寛解」(完治していなくても臨床的に問題ない程度にまで状態が良くなる、ある…

「ピン芸人」はリスクが高い?海外専門誌で人気コメディアンの死亡年齢の分析結果

《医師監修》「ピン芸人」はリスクが高い?海外専門誌で人気コメディアンの死亡年齢の分析結果 「ピン芸人」は、通常のコメディアンと比べると、死亡リスクが高い。 そんな一風変わった分析結果が海外専門誌で報告されています。 オーストラリア・カトリック…

思春期の食事が乳がんに影響? 肉類を多く食べると高い乳腺密度につながる可能性

《医師監修》思春期の食事が乳がんに影響? 肉類を多く食べると高い乳腺密度につながる可能性 思春期に「飽和脂肪(牛肉や豚肉の脂)」を多く食べる女性と、「不飽和脂肪(魚類の脂や植物性の油)」を多く食べる女性は、20代で「乳腺密度」が高くなる可能性…

高齢者にアルコール依存症があると、認知機能の低下が起きる。

《医師監修》高齢者にアルコール依存症があると、認知機能の低下が起きる。 加齢による認知機能低下と相互作用を起こす アルコールの過剰摂取は、睡眠障害や重度のしびれや麻痺を引き起こします。 加齢による認知機能の低下と、過剰な飲酒が相互に作用すると…

長期間のランニングによって記憶力が良くなる?たんぱく質「カテプシンB」が要因か

記憶力を高めるのに、ちょっとジョギングしてみるのも良いのかもしれません。 そんな可能性を示すような研究結果が出ています。 米国の国立老化研究所(NIA)とドイツの認知神経学研究所の研究グループが、セル・メタボリズム誌のオンライン版で2016年6月21…

勉強して4時間後に運動すると記憶力アップ、直後の運動は効果なし

《医師監修》勉強して4時間後に運動すると記憶力アップ、直後の運動は効果なし 学習から4時間後に運動すると2日後の記憶が向上するという報告が出ています。直後の運動や運動しない場合は効果がないようです。 オランダのラドバウド大学/医療センターを含む…

運動後の目の疲れにコーヒーは効果的、激しい運動後の中枢神経の疲労で遅くなった眼球運動を回復

《医師監修》運動後の目の疲れにコーヒーは効果的、激しい運動後の中枢神経の疲労で遅くなった眼球運動を回復 激しい運動を行うと身体の疲れだけではなく、目も疲労し、眼球運動は遅くなるといいます。 研究グループの報告によると、カフェインを摂ると、目…

夜間の食事を抜くと乳がん再発が予防。食べるものも大事だが、何時に食べるかも重要

《医師監修》夜間の食事を抜くと乳がん再発が予防。食べるものも大事だが、何時に食べるかも重要 研究グループの報告によると夜間の絶食時間を毎日13時間以上とっている女性は、乳がんの再発リスクが低くなる可能性があるようです。夜間食事を取らない時間を…

エナジードリンクの過剰摂取により、急性肝炎を発症する。「ナイアシン」が原因か

《医師監修》エナジードリンクの過剰摂取により、急性肝炎を発症する。「ナイアシン」が原因かエナジードリンクの過剰摂取により、急性肝炎を発症する。「ナイアシン」が原因か アメリカの研究グループの報告によると、体の不調、食欲不振、痛みを訴えて診察…

原始人が食べていたものは身体に良い?原始人をまねた食事法「パレオダイエット」は心臓や血管の病気を減らせるかもしれない

《医師監修》原始人が食べていたものは身体に良い?原始人をまねた食事法「パレオダイエット」は心臓や血管の病気を減らせるかもしれない 米国の研究グループの報告によると、食生活を「原始人の食事」とも呼ばれる「パレオダイエット」にして8週間続けると…