読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーを飲む人はなぜ長生きなのか?カフェインの代謝物が血管の炎症を抑える 

《医師監修》最近、数多くの研究が、コーヒーを飲む人は長生きであると伝えています。 米国の研究グループの報告によると、コーヒーを飲むと長生きの基となるメカニズムの発見になると伝えています。 心血管疾患の発症を誘起する可能性のある炎症過程の発見…

ダイエットの成功とツイッターの内容には関連性、成否を77%の確率で予測

《医師監修》ツイッター(Twitter)とカロリー計算ソフトを利用している700人以上のデータを分析したところ、ダイエットに成功するかどうかは、その人がツイッターに使う言葉から77%の確率で予測できると分かりました。 米国ジョージア工科大学を含む研究グ…

適度な飲酒は高齢者の健康に良い可能性

《医師監修》循環器系疾患のリスクや炎症を抑える 研究グループの報告によると、高齢者の適度な飲酒は、健康に効果があると分かりました。米国エイジング研究所の研究グループが、英国老年医学会の機関誌であるエイジ・アンド・エイジング誌2016年8月号で報…

高齢者の運動は脳の血流と関連あり

《医師監修》米国の研究グループの報告によると、よく運動する健康な高齢者が10日間運動をやめただけで、思考や記憶に重要な脳の領域(海馬)などの血流が低下することがわかりました。メリーランド大学の研究グループが、フロンティアズ・イン・エイジング…

中程度の飲酒に不整脈のリスクあり、適度な飲酒は体に良いとの認識に警告

《医師監修》大量の飲酒は健康に有害であると考えられています。一方で、少量であれば、心臓を病気から守る働きがあると考えられています。新たな研究結果によると、中程度の飲酒や習慣的な飲酒についても、心臓への保護効果はないとの結果となりました。

エチオピア長距離ランナーの速い理由【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2015年のコラムをご紹介しています。 私たちの世代はエチオピアというとローマ、東京と…

人間はにおいをどのように感じるのか?ピーナッツバターを嫌ほど食べさせる研究【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2014年のコラムをご紹介しています。 においの基本は、化学物質と鼻の中の「嗅覚受容…

ネズミも泥酔するまでお酒を飲むことはない?食事量を減らし全体的なカロリー摂取量を調節する

《医師監修》新社会人、新生活になると何かとお酒を飲む機会が増えてきます。 大型のネズミ(ラット)による実験の結果、ネズミもほろ酔い程度までは自発的にお酒を飲むが、泥酔するまでは飲まないこと、また、飲んだ分だけ食事の量が減り、全体的な摂取カロ…

妊娠中に魚油をとると、子供のぜんそくのリスクを下げる、オメガ3脂肪酸の健康効果

《医師監修》オメガ3脂肪酸は、多価不飽和脂肪の一つで、魚や亜麻仁などの食べ物に多く含まれています。 従来の報告によると、魚を多くとると、循環器系の病気のリスク、認知機能の低下リスクを下げる効果があると分かってきています。妊娠している女性が200…

食物繊維が健康にいい理由【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2014年のコラムをご紹介しています。 経験的に分かっていても理屈が分からないことは多…

妊娠中の不健康な食生活は子供の「注意欠如・多動症」(ADHD)に影響する可能性

《医師監修》妊娠している間に不健康な食事を取っていると、生まれてくる子供が幼少期に「注意欠如・多動症」(ADHD)の症状を発症しやすくなるようです。 ロンドン大学キングスカレッジのエドワード・バーカー氏らが、ジャーナル・オブ・チャイルド・サイコ…

王になると魚より肉を多く食べる、2013年発掘リチャード3世の遺体で判明【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2015年のコラムをご紹介しています。 歴史の多くは書かれた文書の断片を集めて再構成さ…

ナッツの健康効果、心臓病や脳卒中などに効果あり

《医師監修》ナッツは繊維成分が豊富で、飽和脂肪が少なく、抗酸化作用の高い食品として知られています。今回の研究で、ナッツの健康への効果は、私たちが考えている以上にあるかもしれないと分かってきました。

1時間~2時間程度の睡眠時間の不足で、衝突事故のリスクが2倍に、飲酒運転と同程度のリスクあり

《医師監修》睡眠時間が1時間~2時間短くなると、自動車の運転による衝突のリスクが2倍になります。さらに、7時間の睡眠時間をとっている人に比べ、2時間~3時間睡眠時間が短くなると、衝突のリスクは4倍になります。 研究報告によると、4時間から5時間の睡…

ダイエットソーダは逆に太るかもしれない。代替甘味料が、メタボを防ぐ腸内酵素の作用を阻害

《医師監修》砂糖の代替甘味料として多用されている「アスパルテーム」は、メタボリックシンドロームを防ぐ酵素「腸アルカリフォスファターゼ(IAP)」の作用を阻害することで体重減少効果を妨げていると分かりました。 米国ハーバード大学医学大学院マサチ…

紫キャベツが心血管リスクを低減? 肥満マウスで体重増加の抑制と脂質代謝の改善あり

《医師監修》野菜の摂取が健康に良い、という話はよく聞きますが、特に成長過程の野菜に 多く栄養素があることが分かりました。 紫キャベツの若葉が心疾患や肥満の予防に効果があるという報告があります。

1日1時間のヨガで血圧が下がる、インドの研究報告

《医師監修》新しい研究から、1日に1時間ヨガを行うことで、血圧を下げられると分かりました。高血圧一歩手前の状態から高血圧への進行を予防できることも分かりました。