読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠率を高めるホルモン「キスペプシン」【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2014年のコラムをご紹介しています。 確かめたわけではないので聞き流してほしいが、日…

血圧を調節するホルモンが肥満を進める。脂肪細胞の発熱を阻害する「レニン・アンジオテンシン系」 

《医師監修》血圧を調節するホルモンが肥満を進める。脂肪細胞の発熱を阻害する「レニン・アンジオテンシン系」 血圧を調節するホルモンである「レニン・アンジオテンシン系」(RAS)は、脂肪細胞の発熱能力を阻害することで「安静時代謝」を減少させると分…

肥満のメカニズムを解明。食べ物の過剰摂取にホルモンが反応し脂肪の「貯蔵モード」に切り替わる

《医師監修》「ADAMTS1」というホルモンがカギ 肥満は脂肪細胞から分泌されるホルモンが、カギとなっていると解明されたようです。 米国スタンフォード大学の研究グループが、サイエンス・シグナル誌で、2016年10月25日に報告しました。