読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病に腸内細菌叢が関与の可能性

《医師監修》末梢神経系の70%が腸にある 米国カリフォルニア工科大学を含む研究グループが、生命科学分野の国際誌であるセル誌2016年12月1日号で報告しました。

新しいパーキンソン病の治療薬に?糖尿病に対する新薬「MSDC-0160」の可能性

《医師監修》糖尿病の治療薬として開発された薬が、パーキンソン病の治療薬になる可能性があるとの発表がありました。 報告によると、「MSDC-0160」という薬にその可能性を見いだそうとする研究です。 米国ラッシュ大学などの研究グループが、サイエンス・ト…

マウスモデルで、脳内酵素の阻害によりパーキンソン病の運動機能が回復

《医師監修》パーキンソン病のネズミを使った研究で、脳内の酵素を阻害することでパーキンソン病の症状が軽減され、運動機能が回復したという報告があります フィンランドのヘルシンキ大学の研究グループが、北米神経科学学会(SfN)が発行する神経科学全般…

サメからとった天然の化合物でパーキンソン病を治療。スクアラミンにパーキンソン病治療効果の可能性

《医師監修》米国の研究グループの報告によると、ツノザメからとった天然の化合物の「スクアラミン」が、パーキンソン病に関連のある毒性たんぱく質の「αシヌクレイン」の形成を抑制する可能性があると伝えています。 米国・ジョージタウン大学の研究グルー…

便秘はパーキンソン病のサインかもしれない、腸内細菌に変化がある【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2015年のコラムをご紹介しています。 まず便秘が出てくる場合が多い病気。意外と知られ…

パーキンソン病治療のための経路【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 パーキンソン病治療研究の今 私たちAASJはパーキンソン病の患者さんとの付き合いが深いが、運動障害のために患者さんが毎日大変な思いで生活しているのを目の当たりにする…

パーキンソン病を促進する腸内細菌叢【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 過熱する腸内細菌叢の研究 腸内細菌叢がもう一人の自己として、私たちの健康に重要な働きをしていることはよくわかっているつもりだが、自閉症や躁鬱病などの脳機能にまで…

眠っているとパーキンソン病の運動障害は正常化している【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 視床下核と運動のリンクが重要 パーキンソン病の運動障害に視床下核の刺激が効果があるのは、ドーパミン欠乏により視床下核の脳活動のβバンドと呼ばれる12-20Hzの電気振動…