読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マラソンのトップランナーの成績は35歳から下がりはじめる。平均的なランナーの成績が下がり始めるのは50歳頃から

《医師監修》マラソンランナーの能力について、トップランナーの場合は、35歳頃から成績が下がり始め、平均的なランナーの場合には、50歳頃から成績が下がり始めると分かりました。 米国ジョージア州立大学の研究グループが、PLOS ONE誌で2017年2月10日に報…

スポーツ選手の脳震盪、血中たんぱく質濃度で回復に遅れ。無理をすれば脳機能に影響する可能性

《医師監修》スポーツの衝突などで起こる「脳震盪」(のうしんとう)では、発生から6時間後の血中タウたんぱく質濃度が高いと脳の回復が遅いことが分かりました。 スポーツを再開する際の判断する補助的マーカーとして利用できる可能性があります。 米国立衛…

「死」を意識することでスポーツの成績が向上。死が「自己評価」を刺激する

《医師監修》「恐怖管理理論」によって、「自尊心」を刺激 心理学の分野に「恐怖管理理論」(人は死の恐怖から身を守っているという考え)というものがあります。 「恐怖管理理論」がスポーツに応用できるかという実験をバスケットボールの選手たちで行った…

スポーツで努力が報われる可能性はわずか18% 有名アスリートでは練習が成績に表れるのは1%に過ぎない

《医師監修》スポーツで努力が報われる可能性はわずか18% 有名アスリートでは練習が成績に表れるのは1%に過ぎない 米国の研究グループによると、スポーツの成績と練習との関連性を調べた研究データを分析した結果、練習が成績の差に及ぼす影響は全体のわ…

少年スポーツで頭部の衝撃を繰り返すと脳に変化?

《医師監修》少年スポーツで頭部の衝撃を繰り返すと脳に変化? 脳震盪に至らずとも1シーズンで脳の白質が変化 子供のスポーツによる重大な脳震盪(のうしんとう)について、多くの研究報告がありますが、脳震盪には至らない程度の衝撃でも、回数が多いければ…

「脳震盪」を起こしたらプレーは「待った」?!すぐにスポーツを再開する若い選手が多い

《医師監修》「脳震盪」を起こしたらプレーは「待った」?!すぐにスポーツを再開する若い選手が多い 親やコーチの認識も不十分で処置が不適切 アメリカの研究グループによると、若いスポーツ選手にとって、「脳震盪」(のうしんとう)を起こした直後のスポ…