読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中のストレスが腸内細菌を介して胎児に影響する?

《医師監修》子どもが大きくなってからも心の健康に悪影響を与える 妊娠中のストレスが、母胎の腸内細菌を変化させ、胎児の脳の発達に影響を与え、子どもが大きくなってからも、その悪影響が続くことが分かりました。その影響は、子どもの自閉症や、情動障害…

セラピードッグが歯医者さんの診察室で活躍中。治療中に気分がリラックス。

《医師監修》米国ではセラピードッグが、歯医者さんの診療所を訪れて、待合室や診察室で患者を落ち着かせるのに役立っています。 米国の新聞バージニアン・パイロット紙のオンライン版パイロット・メディアで紹介記事が掲載されました。

ストレスがたまると胃がんになりやすくなる【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 胃の動きや胃液分泌を促しているのが「迷走神経」と呼ばれ…

「プレバイオティクス」が睡眠を改善、善玉の腸内細菌を増やして、ストレスも和らげる

《医師監修》腸内善玉菌の「プロバイオティクス」を増やすオリゴ糖や食物繊維などを食べ物に取り入れる「プレバイオティクス」は日本でもよく知られるようになりました。 その実践により睡眠の改善やストレスによる悪影響を緩和する可能性があると分かりまし…

住環境がうつ病を防ぐ、「午後に鳥の数が多いこと」「住居の周囲に緑(草木)が多いこと」が重要

《医師監修》様々な背景の270人で精神衛生上の健康について調べた研究の結果、都会でも郊外でも、午後に鳥の数が多く、住居の周囲に緑(草木)が多いと、うつ病/不安感やストレスが低いと分かりました。 草木や鳥を目にする機会の多い住環境が精神衛生上、…

年齡を重ねるほどに幸福度は上がる。10年後はもっと幸せに

《医師監修》従来の考えでは年齢とともに身体機能と認知機能は低下していき、精神的な健康も同じように低下すると言われてきました。 ところが、このたび高齢者の10年後を調べてみると、精神面における健康はむしろ改善していくという結果が出てきました。 …

トラウマ症状やストレスの治療に「瞑想」が役立つ。約半数の被験者の症状が軽減

《医師監修》トラウマ症状やストレスの治療に「瞑想」が役立つ。約半数の被験者の症状が軽減 人にはさまざまなトラウマがあり、日々苦しめられている人もたくさんいます。 アメリカの研究グループの報告によると、トラウマのリスクが高いと思われる囚人男性…

ストレスによっててんかんの発作は起こりやすく、脳の「梨状皮質」の活動がポイントに

《医師監修》ストレスによっててんかんの発作は起こりやすく、脳の「梨状皮質」の活動がポイントに ストレスが募ると、てんかんの発作は起こりやすくなるようです。 その秘密が少しずつ分かってきています。 カナダ・オンタリオ大学のチャクラヴァルティ・ナ…

若い時の仕事のストレスが40歳を越えてからの健康に影響。1979年から開始した長期研究の結果

《医師監修》若い時の仕事のストレスが40歳を越えてからの健康に影響。1979年から開始した長期研究の結果 米国の研究グループの報告によると若者を対象に長期にわたって調査した結果、仕事への不満を感じている人は、40歳以降になってからの「抑うつ症」「睡…

KRASとストレス顆粒【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 がん細胞は増殖のためにストレスを解消する 増殖中の細胞は高いストレスにさらされる。このようなストレスを解消できないと増殖を続けることができないため、がん細胞はこ…

コンサート会場で生の音楽を聴くとストレスホルモンが下がる

《医師監修》「DHEA」(デヒドロエピアンドロステロン)に対する「コルチゾール」「コルチゾン」の比率が低下 コンサート会場で生の音楽を聴くと内分泌活動に影響があり、ストレスホルモンが低下することが初めて実験で分かりました。英国の王立音楽大学の研…