読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胎児期のビタミンA不足がアルツハイマー病につながる?食事への注意が大切と国際研究グループ

《医師監修》マウスの実験で、胎児期のビタミンA不足は出生後の不足より認知機能に大きく影響し、アミロイドβの蓄積を促進することからアルツハイマー病につながる可能性があると分かりました。

カルシウムサプリメントには要注意!脳血管障害や脳卒中の既往歴がある高齢女性では認知症のリスクを増大させる可能性あり。

《医師監修》スウェーデンの研究グループの報告によると、年配の女性がカルシウムサプリメントを服用すると「認知症」の発症率が高くなる可能性があると報告しています。 スウェーデンにあるグーテンベルク大学のSケルン氏らがニューロロジー誌で8月17日に発…