読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コレステロールを下げる薬は末期の人に意味なし、「不要」を認める動きに注目【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 米国で盛り上がっている「プレシジョンメディシン」は、個…

コレステロールを下げるスタチン薬が、がんの死亡リスクを下げるかもしれない?高コレステロールのがん患者が死亡リスク低く

《医師監修》英国の入院データの分析から、高コレステロールのがん患者(肺がん/乳がん/前立腺がん/大腸がん)は死亡リスクが低いことが分かり、コレステロールを下げるスタチン薬が寄与している可能性が示唆されました。 英国アストン大学医学部の研究者…

アーモンドにより脂質が低下し心疾患を予防できる?

《医師監修》アーモンドにより脂質が低下し心疾患を予防できる? ナッツ類は健康に良い アーモンドなどのナッツ類はコレステロール値を下げる可能性があるようです。 カナダの研究グループの報告によると、空腹時の人にアーモンドを与えたときの脂質を調べた…

「砂糖入り清涼飲料水を毎日飲む人は、ただの水に!」飲み物からのカロリーを6%減らす

《医師監修》健康的にやせるためには、食べ物だけでなく飲み物も、気にすると良さそうです。 砂糖入りの清涼飲料水を、単なる水に変えるだけで、1日1本を飲んでいる人では、飲み物から日々摂取するカロリーを17%から6%に提言できると証明されました。 米国…

腎臓病の人ではHDLコレステロール値が中程度が良さそう。長生きする条件を検証した結果

《医師監修》腎臓病の人では、善玉コレステロールと呼ばれる「HDLコレステロール」は中程度の値の人が長生きする傾向があると分かりました。 アメリカのワシントン大学の研究グループが、クリニカルジャーナル・オブ・アメリカン・ソサイエティ・オブ・ネフ…

オオムギが心臓血管系疾患を減らす??!「βグルカン」に効果あり

《医師監修》オオムギが心臓血管系疾患を減らす??!「βグルカン」に効果あり オオムギに含まれる「βグルカン」と呼ばれる成分が、悪玉コレステロールである低比重リポタンパク質(LDL)コレステロール・非高比重リポタンパク質(non-HDL)コレステロール・ア…

フルーツの成分が肥満、糖尿病、心臓血管系の治療に役立つ。新薬の開発に期待

《医師監修》フルーツの成分が肥満、糖尿病、心臓血管系の治療に役立つ。新薬の開発に期待 ブドウとオレンジに肥満・糖尿病・心臓血管系の治療に役立つ成分を発見 研究グループの報告によると米国では成人の3分の1が肥満であり、心臓病・2型糖尿病・脳卒中・…

ビールの成分にメタボ防止効果があるようだ

《医師監修》ビールの成分にメタボ防止効果があるようだ ビールの化合物は、体重増加を抑え、コレステロールを低下 研究グループの報告によるビールやホップに含まれる「フラボノイド」の一種、「キサントフモール」には、体重の増加を抑え、血中のコレステ…

スタチンのメリットとデメリット、治療の総括(9月8日号The Lancet掲載論文)【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 LDLコレステロールを下げる薬スタチンは、生活習慣病に対する薬剤としては医師が処方する薬のトップに位置するだろう。 スタチンのLDLコレステロールへの効果を最初に明ら…