読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「皮膚パッチ」でピーナッツアレルギーのリスクを回避

《医師監修》「皮膚パッチ」でピーナッツアレルギーのリスクを回避 年齢が低いほど効果が高い アメリカの研究グループの報告によると、「ピーナッツアレルギー」を皮膚パッチで治療すると、安全性を保ちながら利用できて効果がある上に、幼い子供ほど効果が…

生後1年以内の乳児に抗生物質を使用すると食物アレルギーのリスクが増加する 使用回数でリスク増大

《医師監修》乳児期の抗生物質の使用には注意が必要のようです。 生後1年以内に抗生物質を使用すると、食物アレルギーになるリスクが増加し、使用回数が多いほどリスクも高くなると分かりました。 米国サウスカロライナ大学薬学部を含む研究グループが、カナ…

喘息の原因には遺伝子も? 新たな治療法につながる可能性。遺伝子「ADAM33」が、発症に深く関わると判明

《医師監修》気管支喘息(ぜんそく)は、せきの発作をたびたび起こすアレルギー疾患です。呼吸困難を伴う場合もあります。 原因は完全には解明されていませんでしたが、どうやら遺伝子が関係しているようです。 英国サウサンプトン大学を含む研究グループが…

指しゃぶりや爪かみをしていた子供は、成人後のアレルギーの発症が少ない

《医師監修》指しゃぶりや爪をかんだりすることは、良くない習慣と考えられてきましたが、子どもの頃にそうした習慣があった人はアレルギーを発症することが少ないようです。 ニュージーランド・オタゴ大学の研究グループが、米国小児科学会の機関誌ペディア…

食物アレルギーの子供を持つ両親が、同じアレルギー症状を持つとは限らない。皮膚プリックテストや血液検査では計測できない場合がある

《医師監修》食物アレルギーの子供を持つ両親が、同じアレルギー症状を持つとは限らない。皮膚プリックテストや血液検査では計測できない場合がある 食物アレルギーである子供の両親の一部は、自然と自分も食物アレルギーだと考えているという調査結果が出ま…