読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

骨密度の低下がアルツハイマー病につながる可能性

《医師監修》アルツハイマー病になりやすい特徴を持ったマウスによる動物実験を行ったところ、初期の「骨密度」の低下と「脳内セロトニン生成細胞」の減少が確認されました。 この結果から、研究グループによると、骨密度低下がアルツハイマー病につながる可…

アルツハイマー病の人は孤独感を多く感じている可能性。発症原因のたんぱく質が「孤独感」で増大。

《医師監修》ハーバード大学からの報告 過去の研究から、「孤独感」と「アルツハイマー病」は関連があると報告されてきました。 今回の研究で、アルツハイマー病の徴候がある人は、孤独だと感じている頻度が高いと、脳の画像撮影で裏付けることできました。 …

アルツハイマー病の人が歯周病にかかると、さらに認知機能の低下へ

《医師監修》炎症性のタンパク質増加が関与している可能性 軽度~中度のアルツハイマー病に歯周病がみられる場合、認知機能が著しく下がるか、炎症性マーカーが増加するかを調べました。すると、歯周病には炎症性タンパク質が関わる可能性があり、認知機能の…

脳細胞の死を抑止する薬の開発につながる可能性!?

《医師監修》「脳卒中」や「アルツハイマー病」「パーキンソン病」のような「神経変性疾患」は、特殊な脳細胞死が見られます。 今回、アメリカの研究グループの研究から、細胞のDNAを分断し、細胞死に導くたんぱく質を新たに発見しました。今後、脳の細胞死…

アルツハイマー病治療の新しい方法に?金属を含む薬剤が効果を示す可能性

《医師監修》アルツハイマー病で蓄積するたんぱく質である「アミロイドβ」を切断する、はさみのような役割を持つ、金属を含む薬剤が見つかりました。 韓国のウルサン科学技術大学校研究グループが、米国化学学会の機関誌であるジャーナル・オブ・アメリカン…

嗅覚検査でアルツハイマー病の診断精度が改善、軽度認知障害も識別可能

《医師監修》においをかぐ能力を測る「スティック型嗅覚検査」が、軽度認知障害の進行度も含めたアルツハイマー病の診断に使えると分かりました。米国ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院とハーバード大学マサチューセッツ総合病院の研究グループが、ア…

肥満指数と「βアミロイド」は関連している!? 低体重の高齢者はアルツハイマー病の危険性が高い、ハーバード大学の報告

《医師監修》アルツハイマー病に特徴的な脳内の「βアミロイド」というたんぱく質の蓄積が、低体重の高齢者ではより多く見られ、低体重とアルツハイマー病発症に関連があることが分かりました。 アメリカのハーバード大学医学大学院の研究グループは、ジャー…

新しい検査法で病気リスクを早期発見、「バイオチップ」を用いた血液検査でアルツハイマー病のリスクが予測可能か

《医師監修》「バイオチップ」と呼ばれるツールを使って、簡単な血液検査でアルツハイマー病のリスクを正確に確認できるようになるかもしれません。 英国に拠点を置くランドクッス・ラボラトリーズ社とオーストリアのウィーン医科大学が共同で研究を行い、20…

アルツハイマー病の治療に前進。レスベラトロールは血液脳関門を回復させて脳内の炎症を抑える可能性がある

《医師監修》米国のジョージタウン大学医療センターの研究者らは、2015年に高用量のブドウの皮に含まれる成分の「レスベラトロール」が「アルツハイマー病」の進行を止めたり遅らせたりするとニューロロジー誌で発表しました。 さらに、研究グループはこのメ…

抗生物質はアルツハイマー病の原因を遠ざける?腸内細菌と「アミロイド斑」に関係を確認

《医師監修》抗生物質が、アルツハイマー病の原因を遠ざけるような効果を持っているかもしれません。 米国シカゴ大学のサングラム・シソディア氏らの研究グループが発見し、サイエンティフィック・リポーツ誌2016年7月21日号で発表しました。

アルツハイマー病に遺伝子治療が有効か。「PGC1-α」を使った研究

《医師監修》アルツハイマー病は、脳内に「アミロイドプラーク」(老人班)が蓄積され、運動障害や記憶障害などの原因となっていると考えられています。 ネズミの脳細胞に対する研究で、「PGC1-α」という遺伝子を送り込んだところ、アルツハイマー病の発病が…

普通の鎮痛薬がアルツハイマー病に効果 非ステロイド系抗炎症薬のメフェナム酸が物忘れを止める

《医師監修》アルツハイマー病患者は、年々増えているようですが、それを減少させる手段が思わぬところに存在しているのかもしれません。 鎮痛薬として市販されている非ステロイド系抗炎症薬のメフェナム酸には、アルツハイマー病の記憶喪失を防ぐ効果がみら…