読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルコールや薬物の乱用で統合失調症の発症リスクが増加

《医師監修》デンマークの研究グループは、300万人以上のデータに基づいて、総合失調症発症のリスクを分析しました その結果、「アルコール」や「薬物」の乱用歴があると「統合失調症」の発症リスクが増加すると報告しました。

アルコール依存症の治療方法には報酬を使った治療が効果的?

《医師監修》ワシントン州立大学の研究グループの報告によると、シャンプーやDVDプレーヤーなど、ちょっとしたものを報酬として与えることで、アルコール依存症の人の効果的な治療になることを報告しました。 アメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリー…

アルコールは即効性の抗うつ薬と同様の作用がある。

《医師監修》ただし、アルコール依存症との悪循環も引き起こす うつ病とアルコール依存症とは、高い頻度で共存関係にあると言われています。 うつ病の人は、自己治療として飲酒に走り、アルコール依存になってしまうと考えられています。 このたびアルコール…

高齢者にアルコール依存症があると、認知機能の低下が起きる。

《医師監修》高齢者にアルコール依存症があると、認知機能の低下が起きる。 加齢による認知機能低下と相互作用を起こす アルコールの過剰摂取は、睡眠障害や重度のしびれや麻痺を引き起こします。 加齢による認知機能の低下と、過剰な飲酒が相互に作用すると…