読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低用量のアスピリン服用ががんを予防する。がん細胞増殖を助長する血小板を阻害

《医師監修》がん患者が増え続け、がんの予防が大きな課題となっています。低用量のアスピリン服用が、血液内の血小板の働きを抑え、がんを予防する効果があると、米国、オレゴン健康科学大学とオレゴン大学の合同研究グループが、AJP-セル・フィジオロジー…

アスピリンの発がん抑制機構に関する新しい考え方【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 薬剤を使用したがん予防法 科学的調査に裏付けられたがんの予防法はそう多くない。またその多くは、肺がん予防のための禁煙、大腸・直腸癌予防のための低脂肪食・高繊維食…