読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RAS阻害剤を設計する【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 がん化学療法の成功の鍵 将来のがん化学療法が成功する鍵はRAS阻害剤が開発できるかどうかにかかっている。これまで何度も紹介したように、半分以上のがんでRAS分子の突然…

腫瘍のエピゲノム【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 がんとエピゲノムの関係性 ほとんどのがんでは、発がん遺伝子やがん抑制遺伝子を中心に、複数の遺伝子に変異が起こり、そのがんの性質を決めている。 これががんがゲノムの…

CTC(末梢血中がん細胞)を早期診断に使えるか?【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 血中を流れるがん細胞でがんを早期発見 末梢血中に流れ出てきたがん細胞を、診断や治療効果の検証に使おうとする研究が進み、すでに臨床現場でも使われていると思う。例え…

翻訳開始の狂いががんを誘導する【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 がん遺伝子の発現が翻訳プログラムを狂わせ腫瘍に発展する がんについてゲノムだけでなく、mRNA,たんぱく質、エピゲノムなど総合的なデータベースが構築されつつある。これ…

食道がん、胃がんと単純に二分することの間違い【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 がんの新しい分類についての研究 我が国では食道がんは圧倒的に男性に多く、発症数は増加傾向という程度で収まっている。一方、欧米では最も増加が著しいがんの一つで、か…

膵臓癌に見られる高いタンパク質代謝【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 毎日紹介する論文をどうして選んでいるのかよく聞かれる。実際には、臨床、基礎の有力雑誌は最新刊に目を通し、分野を問わず面白いと感じた論文は読むようにしている。これ…

「暴れる膵臓がん」ビタミンDの刺激で治める【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 今回は、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2014年のコラムをご紹介しています。 がんの研究には優れた動物実験モデルが必要だ。特に膵臓がんのよう…