読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「BRCA1遺伝子変異」卵巣を取っても子宮内膜がんのリスクは高いまま

《医師監修》乳がんや卵巣がんと関係があると知られている「BRCA1」という遺伝子の変異があると、卵巣を取っても、子宮内膜がんのリスクは高いままであると分かりました。 米国デューク大学のノア・カウフ博士らの研究グループが、JAMAオンコロジー2016年6月…

体内時計が壊れると腫瘍の成長が早くなる!?夜勤でがんのリスクが高まる

《医師監修》深夜に働く人は、がんのリスクが高まることが分かってきました。 体内時計の動きは光によって調整されています。 これが体の代謝や細胞の分化などの細胞の活動をコントロールしています。 今回、がんを発症させたマウスを使った実験で、細胞の概…