手のこわばり

手足の関節や周辺の筋肉が硬直したような感覚となり、指先を動かしにくくなった状態のことです。血行や自律神経の不調などと深い関係にあるといわれています。


「手のこわばり」をともなう疾患

関節リウマチ

全身の関節に炎症が起こり、腫れて痛む病気のことです。

最初によく表れる症状は「朝のこわばり」とも呼ばれ、主に手指の関節がこわばってうまく動かなくなり、床からなかなか出られないといった状況になってしまいます。

進行すると関節に腫れが表れるようになり、痛みとともに熱感を伴うときもあります。症状が出る部位は手指から、肘(ひじ)や膝、足関節などに広がっていきます。長い間放置すると関節の変形や身体機能障害を招いて、高齢者の場合は寝たきりの原因になる危険性もありますから、注意が必要です。

日本には70~100万人の患者がいるという推定報告があり、女性は男性の3~5倍に達するといわれています。なお、多発する年齢層は30~50代とされています。

関節リウマチは、関節内の滑膜組織に対する自己免疫疾患が原因と言われています。

この疾患の治療が受けられる病院を探す


変形性関節症(へバーデン結節、ブシャール結節)

関節の接合部でクッションの役割を果たす関節軟骨の異常により、体の各関節に慢性的に痛みや膨張、違和感などが生じる病気です。

加齢や肥満、外傷などにより、関節軟骨が摩耗・変形したことで発症するといわれています。

手に症状が表れたときは、最初に手指の先端にこわばりが生じて動かしにくくなり、次第に腫れと痛みが表れると同時に関節が曲がりにくくなってきます。特に症状が多く表れるとされているのが膝関節と股関節で、炎症と痛みに加えて曲がらなくなるなどの機能障害が起こります。

変形した関節は元通りに治らないので、治療により変形の進行を抑えるようにしましょう。

変形膝関節症は50代以降に多く、一説によると1000万人以上がこの病気よる膝の痛みを経験しているといわれています。なお、女性は男性の2~4倍に達するという説もあります。

この疾患の治療が受けられる病院を探す


膠原(こうげん)病

膠原とは、体の結合組織の主成分であるタンパク質のコラーゲンを日本語訳した呼び名です。全身に存在する膠原の異常による病気を総称して、膠原病と呼んでいます。

慢性関節リウマチ熱や皮膚筋炎、全身性硬化症、結節性多発動脈炎などが膠原病にあたります。
中でも最も患者数が多いとされているのが関節リウマチです。

関節リウマチは「朝のこわばり」と呼ばれる手のこわばりから始まり、肘(ひじ)や膝、足など体の関節に腫れや痛み、違和感などが生じます。
進行すると関節が変形して身体機能障害を起こすことがあり、そうなると日常生活に支障をきたすようになります。

また、全身性エリテマドーデスは20~30代の若い女性に多い膠原病の一種です。この病気では、風邪を引いたわけでもないのに微熱が続き、関節痛やむくみ、場合によっては脱毛などの症状が表れることもあります。

この疾患の治療が受けられる病院を探す


パーキンソン病

神経伝達物質のドーパミンを作る中脳の黒質という脳神経細胞が減少し、ドーパミンによる神経伝達に影響を及ぼすため、主に運動系の活動に支障をきたす病気がパーキンソン病です。

身体的症状として手足の震えや筋肉のこわばりが起こります。進行すると手足の動きが通常よりも遅くなってしまいます。また、姿勢反射障害と呼ばれる症状が表れることがあるのも、この病気の特徴でしょう。姿勢反射障害とは、歩くときのバランス感覚が失われて前かがみのすり足で歩くようになり、転倒するケースも多くなる症状です。

また、顔面に症状が表れたときは、顔がこわばって表情を作りにくくなり、能面のような表情になってしまうこともあります。

その他、精神系の症状としては不眠や不安、抑うつ、妄想などの症状が表れることもあります。また、認知症によく似症状が見られる場合もあります。

この疾患の治療が受けられる病院を探す


線維筋痛症

体の関節や腱、筋肉に慢性的にこわばりや痛みが表れます。全身のこわばりは朝に多く起こるとされています。痛みの多くは首や肩、背中、膝や肘(ひじ)に起こるといわれています。

その他、身体症状は多岐にわたります。日本人の場合は他に全身の疲労や倦怠感、口や目の乾きが多いといわれます。体重の増減や頭痛、動悸、手の震えやめまいなども、身体的症状として挙げられます。また、精神系の症状として睡眠障害や抗うつ、不安や焦燥などを伴うときもあります。

原因は特定されていませんが、女性患者は男性の約5倍ともいわれ、40歳以降の女性に多く見られます。

この疾患の治療が受けられる病院を探す


腱鞘炎(ばね指)

手の指を曲げる働きをする屈筋腱と腱鞘の間隔が狭まることで腱が円滑に動かなくなり、炎症を起こして手指に痛みが起こる病気です。

手や指の酷使が主因といわれており、手指を日常的に酷使しがちな職人や音楽家などの職業に多いとされています。

主に母指に疼痛(とうつう)が表れますが、中指や薬指に発症することもあります。初期には手指の屈伸時に腱に引っかかりのような違和感を感じ、次第に指の付け根が痛んだり、こわばるようになります。手指が不自由になる症状としては他に、朝起きたときに指が曲がったまま伸ばせない、指の曲げ伸ばしが困難になることが挙げられます。

進行すると、指が曲がった状態から元に戻らなくなる、ばね指症につながることもありますから、注意が必要です。

なお、患者は40歳以降の女性に多いとされています。

この疾患の治療が受けられる病院を探す


破傷風(はしょうふう)

土や泥の中で生息している破傷風菌が傷口から体内に入り込んで発症する感染症です。

1週間程度の潜伏期間を経て、破傷風菌の毒素が中枢神経系の神経を侵し、全身に硬直性の痙攣(けいれん)が表れます。

顎を開けにくなる開口障害が最も特徴的な症状でしょう。他に飲食物を飲み込みにくくなる嚥下(えんげ)障害や首筋の硬直、手足のこわばりなどが表れます。手足のこわばりは、痙攣の予兆として表れることが多いです。顔の痙攣により、破傷風顔貌と呼ばれるひきつり笑いのような表情が起こることも特徴のひとつです。

進行すると後弓反帳(後ろ向きに体が反る)、呼吸困難などが表れ、最悪の場合は死に至ることがあります。

日本では体に傷がある状態での土仕事や、転倒などによる軽いけがから感染する例が多いとされています。患者数は現在、年間50~100人程度に減少しましたが、死亡率は約10%に達するだけに注意が必要な病気といえるでしょう。

破傷風は予防接種で防ぐことができます。

この疾患の治療が受けられる病院を探す



日常生活から考えられる原因

1.血行不良

就寝時に誤って手や腕を長時間圧迫してしまうと、手の血流が悪化し、伸筋も一時的に麻痺するため、手のしびれやこわばりを感じます。また、冬場の外気で手を冷やしたときなども血行不良が起こり、こわばりが起こることもあります。


2.女性特有の現象

出産前後や更年期は女性ホルモンが大きく変化するため、コラーゲンに影響を及ぼして筋肉が硬くなり、手にこわばりが生じるときがあります。症状が強く出た場合は、手足や膝、肘(ひじ)の関節が痛むときもありますから、注意が必要です。


3.頸椎疾患

頸椎に、ヘルニアや頸椎症などの疾患があると脊髄の神経根を圧迫し手や指先にしびれやこわばりを感じることがあります。
あまりにも顕著な首筋のこりや痛み、上肢全体の痛みしびれを伴う場合は、頸椎疾患の可能性も考えられるでしょう。



総括

~医師からの見解~

朝起きたときに手がこわばって手指が動かしにくい場合、「慢性関節リウマチ」が疑われます。

日本には70~100万人の患者がいるという推定報告があり、女性は男性の3~5倍です。

なお、多発する年齢層は30~50代です。

慢性関節リウマチは早期発見がとても重要です。
なぜなら、リウマチによって一度関節が変形してしまうと決して元通りに治らないため、生物学的製剤などにより変形の進行を抑えることが非常に重要となるからです。

「朝の手こわばり」が現れたときは、早期に病院に掛かることが大切です。

また、手の使い過ぎによる腱鞘炎が原因で手がこわばることもあります。
​手を酷使していると感じたときは、少し安静を心掛けてみましょう。

その他、妊娠や産後、更年期障害など

ホルモンバランスが崩れることにより、手のこわばりが出ることがあります。

これらの場合も、日常生活に支障を来す場合には病院で相談することをお勧めします。


総括:伊藤大助先生
洗足整形-形成外科 院長

http://www.senzoku-seikei.com/index.html

(略歴)
信州大学 医学部卒 
慶応大学医学部 整形外科医員
稲城市立病院 整形外科医長

(資格)
整形外科 専門医
日本医師会認定 産業医
日本レーザー学会 認定医
整形外科学会認定 リウマチ医
整形外科学会認定 スポーツ医
運動器 リハビリテーション医
日本抗老化医学会 認定医

(学会)
日本整形外科学会 会員
日本股関節学会 会員
日本人工関節学会 会員
日本ペインクリニック学会 正会員


※この記事は適切な医師の監修を受け作成しております。