診療科目:

住所:

〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-17八重洲香川ビルディング3F地図

最寄り駅:

女性医師 個室 駅近 19時以降 土曜診療 先生情報あり こだわりあり
ネット受付

電話問い合わせ 注意事項

0066-98010-000378

東京駅[東京都]

やえす日本橋ヒフ科

電話問い合わせ

0066-98010-000378

電話問い合わせについての注意事項【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問い合わせについての注意事項【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

仕事の合間に肌のお悩み相談 お昼も夜間も診療いたします

八重洲のオフィス街にあり、駅近なのでアクセスしやすいです。予約ができるので昼休みや会社帰りに診療が受けられます。ご希望があれば同性の医師の診療時間帯をご案内いたします。

EPARKからのおすすめポイント

平日19時半まで診療
会社帰りに通える医院

平日は19:30まで診療しているので、お仕事帰りにも立ち寄れます。また、土曜日も18:00まで診療しているので、通院しやすい医院です。

オフィスビルが立ち並ぶ
東京駅徒歩3分の好立地

JR「東京駅」から徒歩約3分、地下鉄「日本橋駅」から徒歩約5分の位置にあるのでアクセスが便利です。お時間があれば昼休みを利用して通うことも。

女性医師が在籍
美容診療専用の待合室も

時間帯により女性医師もいるので、女性の方もお悩みを相談しやすいです。また美容診療を希望する方は、一般の患者さまとは待合室を分けています。

やえす日本橋ヒフ科の特徴

診療受付

受付時間

診療受付時間
11:00~14:30     --
16:00~19:30     --

…11:00~13:30/15:00~18:00
休診日:日曜・祝日
女性医師がいる曜日・時間帯は限られておりますので、お電話にてご確認ください。

診療時間

ネット予約
お電話で予約

※医院への電話予約についての注意事項【必読】

医院への電話受付についての注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

混雑時間

診療受付時間
11:00~14:30        
16:00~19:30        

 のマークは混雑時間帯となります。

■混雑時間情報

夕方のお時間に比べ日中のお時間帯は比較的ご予約がとりやすくなっています。

交通案内

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-5-17 八重洲香川ビルディング3F

■最寄駅からの所要時間
山手線東京駅八重洲北出口から徒歩3分
丸ノ内線東京駅から徒歩10分
銀座線日本橋駅(東京都)B3から徒歩5分

「徒歩3分」エリアのランドマーク情報

PPONTO IL BAR 八重洲さくら通り店
スターバックスコーヒー

外観や受付写真
 

口コミ

EPARKに寄せられたやえす日本橋ヒフ科を利用した患者さんの声です。
患者さんのよい声は励みに、患者さんのよくない声は貴重なご意見として真摯に受け止め、積極的に改善を図っております。

やえす日本橋ヒフ科

東京駅 通勤途中でも寄りやすい
まず、当日昼間に夕方の受付が出来るのが助かりました。東京駅の八重洲北口からホントに近いので迷いません。綺麗なビルの3階でした。皮膚科を初めて受診したので少し緊張しました。受付で問診を書き、待合スペースに雑誌が...

ビリケンさん 東京都 30代男性 投稿日 2017/02/27

大変丁寧で、親切でした。院内も清潔でした。美容関係も扱っているので、次回は相談してみたいと思います。

よっちさん 東京都 50代女性 投稿日 2017/10/19

ありがとうございました
予約時間ギリギリに着いたのですが、快く受付してくれました。
待ち時間も短かったのですし、お医者さんも愛想が良かったです。

投稿者さん 埼玉県 20代女性 投稿日 2017/10/19

もっと口コミを見る

院内写真

  • お肌の事でお悩みの事があれば是非私たちにご相談ください。
  • 患者さまの状態にあわせて待合室を分け、プライバシーに配慮しています。
  • 様々な機器を取り揃え、幅広い治療に対応できるよう努力しています。
  • しっかり話を聞いた上での診断を心掛けています。
  • お化粧を落とす施術をする方の為にパウダールームを用意しています。
  • 周りの方が気にならないよう、個室もご用意しています。

「やえす日本橋ヒフ科」は、JR東京駅から徒歩3分、東京メトロ・都営地下鉄の日本橋駅から徒歩5分とアクセスが便利で通いやすい場所にあります。オフィス街にほど近いので、お仕事終わりの方はもちろん、お仕事の合間にご利用されている患者さまも多くいらっしゃいます。また、東京駅は新幹線の駅でもあるので遠方から通っていただいている方もいらっしゃいます。患者さまのライフスタイルに合わせて、なるべく通いやすい体制を整えていますので、困ったことがありましたらお気軽にご相談ください。

もっと医院写真を見る

特徴

皮膚科に精通した男女の医師がデリケートなお悩みにも対応

当院では患者さまのご要望があれば同性の医師による診療時間帯をご案内して対応しております。緊急ということで異性の医師が診察する場合も、女性患者さまであれば女性の看護師が介助に入るようにし、男性の患者さまであれば診察中は女性看護師が退出して、少しでも落ち着けるように配慮させていただきます。

また、自由診療の患者さまは美容に関する施術を希望される方が多いため、待合室は保険診療の患者さまと分け、女性の患者さまのために化粧落としなどでお使いいただけるパウダールームもご用意しており、施術後のお化粧の時にもゆっくりご利用いただいております。施術に関しましても、男女の患者さまともに周りの目を気にしないですむように個室のご用意がございます。

特徴画像

患者さまのご希望にお応えするために複数の治療法を提案します

にきび、アトピー、じんましん、水虫などの皮膚科一般の病気から、しみ、たるみ、ほくろ、イボ、あざ、脱毛など美容面の診療まで幅広く対応させていただいています。美容診療であっても、基本的には保険適用の範囲内で治療させていただき、患者さまのご希望があった場合には、より作用性が期待できる自費での治療を提案しています。

当院では、しみを治療するルビーレーザー(※)、脱毛で使うアレキサンドライトレーザー(※)など治療に必要な医療機器も充実しており、しわの治療にはボトックス(※)、たるみの治療にはヒアルロン酸(※)もご用意しております。ただし、医師によっては扱えない機器もありますので、事前に電話で施術できる曜日をご確認いただければと思います。

(※)自由診療です。診療案内ページの料金表を確認ください。

特徴画像

事前予約・院内処方・姉妹院の紹介と待ち時間短縮に努めています

当院は電話またはインターネットからご予約いただくことで、患者さまの待ち時間を減らせるようにしています。事前予約なし診療することも可能ですが、その場合はご予約の患者さまを優先するため、時間帯によってはお待たせしてしまうかもしれません。お薬も院内処方なので薬局に行く手間が省けると思います。スタッフは皮膚のお薬について知識がありますので、お薬をお出しする際に正しい使用法や注意する点もスムーズにお伝えできます。会社員の方などは日々忙しい方が多く、少しでもサポート出来るクリニックでありたいと考えております。

また、木曜日には日帰り手術を行っていますが、ご都合が悪い場合は姉妹医院が都内に三つありますから、ほかに空いている医院をご紹介できます。事前に患者さまのデータを共有することで、どの医院でもアフターケアまで行えるようになっています。

特徴画像

患者さまに良い診療を提供するため、こまめに会議や研修を行っています

医師・スタッフでこまめにミーティングを行って、患者さまからのご意見・ご要望を共有しています。とくに医療機器の使い方やお薬の説明の仕方などは定期的に院内で研修を重ねて、疑問・不安を質問し合ってすぐに解消するようにしています。「全ては患者さまのために」というのが当院のスタンスなので、医師・スタッフともに患者さまの利益になるように動かなければいけないと思っています。

あくまでも患者さまが希望する範囲でしか治療はしませんが、色んな治療法があるという情報をお伝えするためにパンフレットなどはお配りしていますし、患者さまに聞かれた場合は全てのスタッフがご説明できるように日々、勉強しています。

特徴画像

常に患者さま目線を忘れずに、継続して通える治療法を提供し続けたい

常に患者さま目線を忘れずに、継続して通える治療法を提供し続けたい

「やえす日本橋ヒフ科」では患者さまが継続して通える診療を心がけています。オフィス街の駅近という立地で、平日19:30まで診療しているので会社帰りに通院される方が多くいます。保険診療と自由診療で待合室を分け、処置室は個室を用意、パウダールームはアメニティグッズを置くなどして、患者さまのご希望する通院頻度や治療費の負担に応えられるように、医師が親身になって一緒に治療法を決めています。

もっとインタビューを見る

クリニックにはどんなお悩みを持った患者さんがいらっしゃいますか?また、どのような治療を実践していますか?

湿疹やアトピー、突発的なじんましんや火傷など一般的な皮膚の病気で来院される患者さまが多いですね。当院は予約の方が優先になっていますので、ご予約がない場合は、時間帯によってはお待ちいただくことになりますが診させていただいています。

保険診療から自由診療まで対応できます。たとえば、イボの治療は保険で行う液体窒素を吹きかける方法が一般的ですが、改善が見られない場合は自費も含めた複数の治療法を提供できます。治療法ごとに特徴がありまして、症状によって向き不向きがあります。また、患者さまの通う期間や費用などご希望に合わせて変えていくことができます。

初めて来院された患者さまに対して心がけていることがあれば教えてください。

始めて処方するお薬についてはくわしく説明するようにしています。お薬によっては特殊な塗り方、飲み方をするものもありますから。もちろん、同じ薬であれば二度以降は同じように説明はしませんが、患者さまのほうでご質問があれば何度でもお答えします。あとは、施術などにおいては、事前に手順を知っていただいたほうが不安も軽減できると思いますので、くわしくお伝えしております。

説明・カウンセリングで重視していることはありますか?

お悩みをしっかり聞くことを常に心がけています。治療内容やお薬の説明よりも、まずは患者さまが何に悩んでいて、どのようなご要望があるのかを把握しなければいけません。こちらから「こうしたほうがいいですよ」と治療法を一方的に押し付けるのではなく、患者さまの通院できる頻度や負担できる治療費などを考慮するようにしています。

「こちらの治療法のほうが通院回数は少なくすむと思います」「こちらですと炎症が少し強く出ますので数時間は肌が赤くなりますが、ご希望にそった結果が期待できます」など、複数の治療法のメリットとデメリットをしっかりお伝えして、患者さまに治療法を決めていただきます。「こういう治療もいいと思いますよ」と提案することもありますが、希望されない方に無理にすすめるということはしません。

女性の患者さまへ配慮していることはありますか?

デリケートゾーンの診察であれば、女性の看護師がタオルで肌を隠すなどの配慮をしています。基本的に、男性医師が診察する場合は女性の看護師が介助にお付きするようにしています。当院では美容診療を希望する方が多いので、会社帰りに一般の診療で来院された同僚の方、とくに異性の方と鉢合わせずにすむように待合室は分け、処置室も個室をご用意しています。

診療前後にお使いいただけるパウダールームには、タオルやめんぼう、洗顔時に髪の毛が濡れないようにヘアバンド、化粧水や乳液などのアメニティグッズ、また施術後は髪の毛が乱れることがありますのでドライヤーも置いています。ご自由にお使いいただければと思います。

院内のデザインや空間でこだわったところがあれば教えてください。

診察室は声が外に漏れないように防音になっております。院内のトイレも男女で分かれていますし、処置室は個室を複数ご用意しています。たとえば点滴を受けている間も、ほかの患者さまの目に触れずに室内でくつろいでもらえるようになっています。美容面の施術では光を使った治療も多いので、室内から光が外に漏れないことも、お待ちいただいている患者さまに影響を与えないメリットがあると思います。

スタッフのモチベーションを高めるためにしていることはありますか?

医療機器や治療薬は臨床件数が上がってくるにつれ、よりよい使い方が分かってくることがあります。その度にメーカーはマニュアルを更新するのですが、当院では医療機器やお薬の使い方を医師・スタッフ間でこまめに共有するようにしています。

とくに医療機器に関しては、患者さまにお使いする前に医師がスタッフに施術を行って確認したり、ほかの医師から施術を受けたりして、実際の施術では患者さまに不快感を与えないように練習をするようにしています。お薬の使い方の説明ですと、スタッフ同士で「こうしたほうが患者さまに伝わりやすい」など、話をしているのをよく見ますし、患者さま目線で取り組めているかと感じています。

先生が患者さんだった場合の病院選びのポイントを教えてください。

しっかりと話を聞いてくれることが大事ですね。皮膚の病気は症状が目に見えるので、自分でも気になりますし、周りにどう見られているのかも不安だと思います。そんな心境で病院に通われるわけですが、治療では一つの症状に対して、以前にも発症したことがあるのか、これまで使ったお薬で改善したのか、といった患者さまの情報が大事になってきます。生活背景に原因が隠れていることも多いので、お話を聞かなければ分からないことは多いんです。

同じ症状でも経過によって処方するお薬は変わってきます。そういった点で患者さまときちんと向き合ってくれる医院を選んでほしいですね。また美容診療では、患者さまが継続して通いやすいように、複数の治療法を提供してくれることも必要だと思います。お金儲けに走らない病院、というところでしょうか。

医師スタッフ

院長写真 院長写真 院長写真

院長 矢野 正一郎(Shoichiro Yano)

「やえす日本橋ヒフ科」院長の矢野正一郎です。当院は八重洲のオフィス街に位置しているため、主に会社勤めの方がお昼休みや会社帰りに来院されることが多いです。そのため、お忙しく、時間のない方でも通いやすい診療体制を整えています。また、患者さまのプライバシーに配慮した環境づくりを心がけておりますので、にきび、湿疹、アトピー、水虫など皮膚の病気だけでなく、しわ、しみ、肌あれなど肌のお悩みがある方は、気兼ねなくご相談いただければと思います。

院長略歴

  • 1995年6月~1996年11月 東京大学医学部付属病院研修医
  • 1996年12月~1998年3月 立正佼成会付属佼成病院
  • 1998年4月~2002年3月  東京大学医学部付属病院
  • 2002年4月~2004年6月  国立国際医療センター
  • 2004年7月~2007年9月  東京大学医学部付属病院
  • 2007年10月~2009年3月 帝京大学病院
  • 2009年4月~2013年3月  国際医療福祉大学三田病院
  • 2013年4月~現在    やえす日本橋ヒフ科

専門医内容

  • 日本皮膚科学会 皮膚科専門医

好きな食べ物

  • すき焼き

趣味・特技

  • ゴルフ

専門分野で力を入れている治療・検査

  • レーザー治療、美容皮膚科

やえす日本橋ヒフ科の基本情報

医院名 やえす日本橋ヒフ科
診療科目 皮膚科
ネット受付
電話問い合わせ

0066-98010-000378

電話問い合わせについての注意事項【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

住所 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-17八重洲香川ビルディング3F
 
アクセス
診療時間
11:00~14:30 - - -
16:00~19:30 - - -
11:00~13:30 - - - - - - -
15:00~18:00 - - - - - - -

日曜・祝日は休診
女性医師がいる曜日・時間帯は限られておりますので、お電話にてご確認ください。

電話番号

03-6202-1200

特徴・設備

設備
  • 個室
専門医
  • 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

やえす日本橋ヒフ科は東京都中央区八重洲1-5-17八重洲香川ビルディング3Fにあるネット予約可能な病院です。(休診日:日・祝)口コミ27件あり。 山手線東京駅八重洲北出口から徒歩3分。皮膚科を標榜しています。 EPARKクリニック・病院では当日・明日受付予約可能な病院を探したいというニーズもサポートします。

周辺のクリニック・病院
  • 0066-98010-000378

    注意事項

    電話問い合わせについての注意事項【必読】

    ※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
    ※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

お気に入りの登録上限に達しました。
お気に入りに登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ