皮ふと栄養素のおはなし | 竹内形成外科医院

写真 6
〒420-0844 静岡県静岡市葵区緑町4-8-1 (地図)
形成外科

土曜診療

音羽町駅[静岡県]

竹内形成外科医院

電話問い合わせ

054-249-2033

 
 

皮ふと栄養素のおはなし

◆* 皮ふと栄養素のおはなし *◆

*皮ふとタンパク質

健康な皮ふは、網目状にはりめぐらされたコラーゲンによって弾力が保たれます。
コラーゲンの主原料はアミノ酸です。
ダイエットなどによる偏食は禁物で、必須アミノ酸を含む良質なタンパク質を十分にとることが大切です。
魚介類、肉類、大豆製品などに含まれています。

*皮ふとビタミンB

ビタミンBが不足すると、肌荒れ、皮脂の増加、にきび、口内炎を起こします。
ビタミンB2は、皮脂の分泌を調整して、脂性肌を予防します。
レバー、乳製品、カキなどに含まれます。
ビタミンB6は、脂肪の代謝や皮ふの新陳代謝を促進します。
赤身肉、鶏肉、大豆などに含まれています。
ビタミンB1・B2・B6・B12を総合して接種するために、サプリメントを利用する方法もあります。

*皮ふとビタミンC

ビタミンCには、メラニン色素の生成を防ぎ、シミ・そばかすを予防する働きがあります。
ビタミンCをしっかりとっていれば日光に当たってしまっても、日焼けやシミを作りにくいということになります。
また、抗ストレスホルモンを作るためや、コラーゲンの形成と維持する働きがあり、鉄分の吸収を助ける働きもあります。
ビタミンCは水溶性なため、余分に摂取しても尿から排出されてしまうので、毎日適量を摂取する必要があります。
尿から排出されるといっても、過剰摂取により尿結石をつくることもあるので、注意が必要です。

*皮ふとビタミンA

ビタミンAは、保湿成分の生成に関係があります。
不足すると、乾燥肌、サメ肌の状態となり、肌荒れ・炎症の原因となります。
ビタミンAは、動物性食品のうなぎ、卵黄などと、プロビタミンAと呼ばれるβカロチンを植物性食品の人参、カボチャ、海藻などから摂取することができます。

*皮ふとビタミンE

ビタミンEは、皮ふの血行促進、皮脂の酸化を防ぐ効果があり、肌荒れ防止に大きな役割を果たします。
ビタミンEは、大豆・ごま・落花生などに多く含まれます。
また、揚げ物、ファーストフードのとりすぎは、不飽和脂肪酸にビタミンEが奪われるため、欠乏症状を起こしやすくなります。
ビタミンEの不足は、皮ふの老化を促進します。
しかし、赤ら顔、毛穴の開きが気になる人は逆効果です。
また、過剰摂取により遺伝子に傷をつけるとの報告もあります。

*皮ふとミネラル

亜鉛や鉄といったミネラルは、皮ふの増殖や機能維持に必要です。
亜鉛不足は、皮膚が弱くなり、傷やできものが治りにくく、口内炎・舌炎・脱毛・爪の変形などの症状を引き起こします。
また亜鉛は、アルコールの分解に使われるため、お酒を良く飲む人は、不足しやすくなります。
亜鉛は、カキ・パイナップルなどに含まれます。
鉄の欠乏は、貧血を引き起こします。
肌の血色も悪くなり、蒼白になってしまいます。
鉄分は、カツオ・レバー・ひじき・ほうれんそうなどに多く含まれます。

*皮ふと食物せんい

食物せんい不足は、便秘を引き起こし、便秘になると有害な代謝物を体外に排出することが出来ず、腸粘膜から再吸収が起こり、皮ふのトラブルの原因になります。
便通改善には、せんい質の多いゴボウやキノコなどの、かみごたえのある食品の摂取を心がけましょう。

*皮ふと「ソラレン」

「ソラレン」は、納豆・味噌・大豆・レモン・オレンジ・キュウリ、かぼちゃなどに含まれる物質です。
紫外線に反応しやすい性質を持っているので、これらの食品を好んで食べている人は日焼けしやすくなります。
摂取後、紫外線を浴びるとわずか2時間で肌の深部にしみを形成します。
白斑(白なまず)の治療薬としてつかわれるぐらいです。
ですから、レモン・キュウリパックをするとかえってシミを作ってしまいます。
これらの食品は、夕食でとるようにすればソラレンの影響を受けずにすみます。

*皮ふとチョコレート

チョコレートは、肌荒れ・毛穴の開き・にきびが気になる人にとっては大敵です。
チョコレートには脂肪分・糖分が多く含まれ、刺激も強いからです。
ポリフェノールなど、健康に良い成分も含まれていますが、ポリフェノールをとるならば一日ひとかけらで十分です。
また、ホワイトチョコレートは普通のチョコレートよりも脂肪分が多く、ポリフェノールも含まれません。

*皮ふと生活

健康な皮ふを美しく保つためには、食物だけでなく、喫煙・日焼け・睡眠不足などに注意する必要があります。
ニコチンは、毛細血管を収縮させ、循環・新陳代謝が悪くなり、皮ふの老化を早めます。
日焼けは、シミやシワなどのおもな原因です。
また、皮ふは夜間活発に新陳代謝を行うことから、睡眠不足が続くとこの働きが低下し、皮ふが黒ずんだりします。
このほかに毎日の入浴により、血液循環を高めることは、汗腺や皮脂腺の機能を高めます。

*肝斑とトラネキサム酸

肝斑は、妊娠出産をきっかけに出現しやすいシミで、ホルモン、心理的要因、肝機能、避妊薬などとも関係があります。
30~40代に多く、紫外線が多く当たる、ほほ骨部、上唇部に左右対称の境界がはっきりした色素班で、目の周囲が抜けるのが特徴です。

トラネキサム酸は、メラニンを作り出すメラノサイトの活性を抑え、メラニンの生成を抑制します。

患者様によって異なりますが、内服後2ヶ月ほどで改善が見られます。
長期の内服は肝臓に負担がかかり、肝障害を起こすことがあるので、医師と相談の上内服することをおすすめします。
また、ビタミンCの内服、ピーリング、ハイドロキノンの使用と併用することで、良い働きかけが期待できます。

*おわりに

必要な栄養素の摂取量が適正量に達しない場合は、サプリメントの内服による補給が良いとされています。しかし過剰摂取はさけなければなりません。
テレビなどの情報に左右されることなく、医師や栄養士の管理下で適正量の摂取を行うことをおすすめします。

当院では、患者様の症状、生活スタイルに合わせた対応をいたしております。
ご希望の方は、ご相談下さい。

竹内形成外科医院の基本情報

医院名 竹内形成外科医院
診療科目 形成外科
住所
アクセス
  • 静岡清水線音羽町駅 徒歩16分 

駐車場:有り(3台)

・診療所前の駐車場が3台ご利用できます。
・当院東側駐車場のNo25~29の空いている場所をご利用下さい。

診療時間

休診日

木曜・日曜・祝日

土曜診療

9:00~14:00

土曜は、毎月3回診療
※予約は平日14:00までとなります。
【受付時間】8:30 ~14:00
【休診日】木曜・日曜・祝日

電話番号

054-249-2033

特徴・設備

設備
  • 駐車場
駐車場

駐車場:有り(3台)

・診療所前の駐車場が3台ご利用できます。
・当院東側駐車場のNo25~29の空いている場所をご利用下さい。

対応可能な症状・疾患など

治療
  • レーザー(あざ/ほくろ)

関連リンク

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

竹内形成外科医院周辺のクリニック・病院
  • 受付予約可
    静岡県静岡市葵区長沼258-7
    長沼駅(静岡県)北へ徒歩約3分から
    かん小児科クリニック
    診療受付時間
    8:30~12:00
    15:00~18:00
  • 受付予約可
    静岡県静岡市葵区上足洗3-2-8
    音羽町駅車12分
    坂本医院
    診療受付時間
    9:00~12:30
    14:00~18:00
  • 静岡県静岡市葵区呉服町2-3-1ふしみやビル2階・3階
    静岡駅北から徒歩3分
    宮下内科クリニック
    診療受付時間
    8:30~12:30
    14:30~17:30
    14:30~16:30
  • 静岡県静岡市葵区鷹匠1丁目12-1青葉園ビル2階
    新静岡駅徒歩1分
    静岡消化器科クリニック
    診療受付時間
    9:30~12:30
    16:00~18:00
  • 静岡県静岡市葵区北安東3丁目20-18
    静岡駅車17分
    金英幸内科・消化器科クリニック
    診療受付時間
    9:00~12:00
    16:00~18:00

スマートフォンで見る

QRコード

現在のページをスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

 

お気に入りの登録上限に達しました。
お気に入りに登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ