背中・肩が痛むの病気一覧

症状から調べる

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは? 腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアは腰椎の関節の間にあり、可動域でクッションの効果をもつ椎間板(ついかんばん)という部分の組織が外に飛び出る症状のことです。椎間板は弾力のある組織ですが、老化や、大きな力がかかるなどさまざまな原因によって壊れてしまうことがあります。 ヘルニアは「飛び出る」という意味があり、組織が飛び出て神経を刺激することがあります。刺激する場所によって症状が異なり、主に痛みやしびれなどの症状がおこります。 椎間板ヘルニアの基礎知識 病名

強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきずいえん)

強直性脊椎炎とは? 強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん)はリウマチ性疾患のひとつです。関節リウマチが手や足の指など、体の末梢部に起こるのとは逆に背中で全身の神経とつながる脊椎や骨盤などの大きな関節に炎症や強直が起こるのが特徴です。 10代~20代の男性に発症することが多く、それまでは痛みを感じていたものがなくなり、脊椎が動かしづらい、こわばるなどの症状に移行しますが、脊柱全体が固まるような症状はすべての人に起こるわけではありません。この病気の原因は分かっていませんが遺伝によって

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。