足がむくんでいるの病気一覧

症状から調べる

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは? 腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアは腰椎の関節の間にあり、可動域でクッションの効果をもつ椎間板(ついかんばん)という部分の組織が外に飛び出る症状のことです。椎間板は弾力のある組織ですが、老化や、大きな力がかかるなどさまざまな原因によって壊れてしまうことがあります。 ヘルニアは「飛び出る」という意味があり、組織が飛び出て神経を刺激することがあります。刺激する場所によって症状が異なり、主に痛みやしびれなどの症状がおこります。 椎間板ヘルニアの基礎知識 病名

月経前症候群

【執筆】桝田 充彦 先生 月経前症候群とは? 月経前症候群(げっけいまえしょうこうぐん)とは月経前になると抑うつ、不安、イライラするなどの精神的症状と乳房の痛みや張り、頭痛、下腹部の痛みといった身体的症状が特徴の疾患です。原因ははっきりしていませんが、黄体ホルモンの分泌が関係しているとされています。イライラなどの症状だけでなく、頭痛や吐き気などの症状に悩まされる場合もあります。 患者さんの要望があればカウンセリングや血液検査、超音波検査、内診を実施します。 また、症状日記で記録をつけ

心房中隔欠損症

心房中隔欠損症とは? 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)は、「先天性心疾患」の一つです。心臓を構成する4つの部屋のうち右心房と左心房を隔てる「心房中隔」と呼ばれる壁に孔があいている症状です。新生児はもともと母親のおなかの中にいる時にあいているこうした孔が、本来は出生後数時間で自然に閉じていきます。しかし、まれに孔が閉じずに残るのが原因です。 症状は多くの場合、思春期頃までなにもありません。まれに検診の際に聴診器により心雑音が確認されて発覚することがあります。成人し、症状

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症とは? 大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)を発症すると心臓から全身へ血液を送るための大動脈の弁が壊れて血管が狭くなってしまいます。発症しても、患者さんは何も感じないこともありますが、心臓は全身へがんばって血液を送ろうとします。そのため心筋が肥大したりします。 運動すると息苦しい、突然失神するなど狭心症の症状がおこり、命を落とすこともあります。治療は開きが悪い弁を人工弁に取り換えるなどの手術が必要です。 大動脈弁狭窄症の基礎知識 病名 大動脈弁狭窄症

病気スコープ編集部
2018年7月25日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。